お騒がせハーフモデルが逆ギレで現場騒然「素行不良で関東連合とのつながりも...」

東京ブレイキングニュース / 2014年11月13日 17時0分

写真

 東京ブレイキングニュースの不定期企画「芸能記者による匿名座談会」。今回は所属事務所から契約解除されるなど"素行不良"が囁かれる「お騒がせモデル」F・Rについてお送りします。

◇◇◇

※出席者

・週刊誌記者A(38歳/西麻布、銀座、六本木で情報収集)

・女性誌記者B(39歳/恵比寿、青山がホームグラウンド)

・スポーツ新聞記者C(42歳/お台場、汐留、新橋が拠点)

◇◇◇

B「本業のモデル活動よりプライベートの噂だけはいろいろ伝わってくるモデルFなんだけど」

C「またあ? 今さらという気がしないでもないけど(笑)。日米ハーフで女性人気も高いカリスマモデルとして知られているけど、素行の悪さはそれ以上に有名だね」

A「彼女に関してはもはや何を聞いても驚かないよね。過去には駐車違反の罰金を60万円も滞納するとか、常識に欠けているというのは知っての通り」

B「東京ブレイキングニュース的には、関東連合とのつがなりもあったりで題材としてはぴったりだと思うんだけどね。そんな彼女がまたやらしかたという話で」

A「モデル業界と関東連合のつながりは隠しようがない事実で、とくにFは幹部と呼ばれる連中と仲が良かった。あまりに私生活がまっ黒だということで、それまで所属していた事務所も契約解除されたほどだね」

B「そんなFの非常識さが原因で最近、ちょっとしたトラブルを起こしたらしいんだよね」

C「また男関係?」

B「今回はどっちかというとおばさん関係(笑)。先日Fがふらりと立ち寄ったスーパーで売り物の惣菜を試食品と間違えてパクパク食べてしまい、店員に注意されたっていう話なんだけど」

A「ずいぶんと微笑ましい話だな」

B「いや、そこで終われば、うっかりエピソードで笑い話になるんだけど、なんとそこでFは逆ギレしたっていうんだよ」

C「さすがお騒がせモデルだけあるね」

B「その場でFは一応謝ったそうだけど、おばさん店員に『常識で考えればわかるはず』などとネチネチ文句を言われて激高。Fはすかさず『お金を払えば文句ないでしょ』と逆ギレしたとか。それでもおばさん店員は引かなかったみたいで、『そういう問題じゃない』とやり返されて大口論に。スーパー店内は騒然としたって」

A「Fみたいなタイプはおばさんに嫌われるだろうしな」

C「そんなのはほんの一部。Fの問題行動は他にもあって、ロケ中に『おしっこがしたい』と雑居ビルの中に入って無断でトレイを使用したという話もある。そこのビルだって、共用トイレではなく、テナントの事務所専用のトイレだったとか。そこでも入口付近で鉢合わせた事務員らしきおばさんに見つかって激怒されたとか」

A「そんなことでひるむような彼女じゃないだろうしな」

B「男友達の家に勝手に上がり込んで揉めた話は聞いてるよ。『留守だったし、置き鍵の場所を知っていたので開けて入った』って言うんだけど非常識だよなあ。その男性は『恋人でも何でもない女が勝手に部屋に入るか!?』と激怒していたとか。彼女の場合、素行不良というのもあるけど、トラブルの原因はほとんどが本人の"常識欠如"にある」

A「だから、所属事務所もさじを投げたわけだよ。周囲のスタッフからは『とにかく彼女と一緒にいると疲れる』という愚痴が漏れてくる。そろそろFも三十路だし、大人にならないと今後は大変だろうな」

Written by 東京ブレイキングニュース(構成)

Photo by Jonathan Kos

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング