土屋アンナと抗争中の甲斐智陽氏から突然連絡が...『ほぼ日刊 吉田豪』連載169

東京ブレイキングニュース / 2014年10月10日 14時0分

写真

 うわ! 1年ほど前、土屋アンナ騒動で話題になった甲斐智陽氏からFacebookで突然メッセージが届いた!

 なんでもつい最近まで安田美沙子主演の舞台『息吹きの瞬間』をキャスティングを変えて再演していたそうで(安田美沙子は降板?)、「是非君にも観劇していただきたかった」とのこと。なんでボクが? と思ったら、「僕が演出出来るか出来ないか、その目で判断して貰いたかった。これから何かコメントするなら、少し責任を持とうよ、根も葉もないことを書かれると、迷惑です」とのこと。......え? ボクは甲斐さんのビジュアルもキャラクターも言動も完璧でビンス・マクマホンになれるレベルだって絶賛しつつ、甲斐さんのCDを買い漁り、その上で土屋アンナと同じ歌手として比較したぐらいで、甲斐さんの演出面については一切コメントしてないはずなのに!

 Facebookでも「テレビでネットでめちゃくちゃ言われ、やっと小さな劇場からの再出発。日本で一番芝居にこだわる監督と自負する俺を何処の誰だか知らないコメンテーター達が見たこともないのに演出が出来るの出来ないのとほざきやがった。なめるなこの野郎見てから言え」と書いてたりで、よっぽどテレビのコメンテイターたちの発言にカチンときたのはわかるんですけど、たぶんそれボクじゃないです!

 なお、『豪ストリーム』というネット番組で甲斐さんのビジュアルがいかに完璧なのかについてボクらで話していたとき、コンバットRECという男が「顔で全部判断はしないですけど。もしかしたら捨て犬とか拾っている優しい人かもしれないけど、顔だけ見たら相当悪党な顔はしてるよね」と発言してたんですけど、甲斐さんはFacebookにトイプードルを「探しています」という画像をアップして「悲しいね」とコメントしてたりで、実際に捨て犬には優しくしてそうなタイプだったことも判明しました!

Written by 吉田豪

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング