【神戸女児遺棄】容疑者が閲覧していた「児童ポルノ」の定義を考察

東京ブレイキングニュース / 2014年10月28日 12時0分

写真

 神戸で起きた小1女児殺害事件の容疑者が、女児を自宅に連れ込んだとされる時刻の直前まで、自宅パソコンで "児童ポルノサイト" を閲覧していた事が発覚したという。死体遺棄容疑での逮捕から黙秘を続けていた容疑者だが、事件への関与を認める供述をし始めているようだ。

 さて、今回のテーマはこの容疑者が真犯人か否かではない。文中に登場する "児童ポルノサイト" についてである。

 私はこのニュースを読んで "児童ポルノサイト" がいかなるものか頭に浮かばなかったのだが、いったい容疑者が見ていたサイトとはどのような内容なのだろう?

 というのも、現在は児ポ法をはじめとする "子供を守る法律" が厳しくなり、また摘発も相次いだ事から、一時期に比べると未成年者のヌード・セックスを載せるサイトは殆ど見かけなくなった。これが数年前であれば "援交" などで検索すればいくらでも裏ビデオ系のサイトが引っ掛かったのだが、ある時期を境に大小様々なエロサイトから一斉に未成年コンテンツが削除されたため、今ではロリ・ペドが喜ぶような内容の三次元エロコンテンツは、ほぼ根絶やしにされたも同然の状況にある。

 そんな今現在、この容疑者が見ていたとされる "児童ポルノサイト" とは、何が掲載されていたサイトなのだろう? 児童が性的虐待を受けている映像や画像が見られるサイトなど、あったとしても摘発の難しい国外のアングラサイトくらいしか思い浮かばないのだが、今回のニュースからはそうした "具体的な光景" がまったく伝わってこない。

 私が今回の報道で感じたのは、対象となる "児童ポルノサイト" とやらの詳細を伏せる事で、意図的に児童ポルノという単語を誤用したのではないかという疑念だ。こうやってわざと誤用を続け、なし崩し的に "児童ポルノの定義" を広げようという思惑があるのではないかと勘ぐってしまう。

 これは警察の発表の仕方にも問題はあるが、さらに重罪なのは裏取りもせず、細かい点を確認もせず、安易に "児童ポルノサイト" などと乱暴な単語だけを書いて終わりにしてしまうマスメディアだ。児ポ改正案の際にあれほど「何をもって児童ポルノとするか?」が取り沙汰されたのにもかかわらずである。

 このようないい加減な報道が続くと、何か性犯罪が起き、犯人の私物(PCや携帯など)の履歴にエロサイトが残っていたら、「とりあえず "児童ポルノサイト" と呼んでしまえ」といった危険な流れになってしまう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング