【未解決事件の闇11】女性編集者失踪・容疑者Xの知られざる真実

東京ブレイキングニュース / 2014年12月2日 17時30分

写真

特集ルポ:未解決事件の闇11~伊勢・女性編集者失踪事件

 筆者が取材を進めていくうちに、どのような捜査が初期段階で行われたのか、次第に分かってきた。これまでの報道では知らされていない事実を発掘することで、事件の真相に迫ってみたい。

 1998年11月24日の深夜、Xは辻出さんに会っている。彼は24日から25日にかけて、どのように行動したのか、そしてそもそもなぜ辻出さんに会おうとしたのか。

 これまでの報道でXの証言は「損保会社の駐車場で落ち合い、自分の車に乗せて1~2時間話をした。その後、別れてからは彼女の行動は知らない」という風に紹介されていた。今回、筆者はよりオリジナルに近い供述の内容に触れることに成功した。今まで流布されてきた供述と、原文により近い供述を比較すると、その印象はまったく違っていることがわかった。筆者は衝撃を受け、そしてあることに気がついた。世間に流布している証言は重要な言葉をあえて削ぎ落としたバージョンであるということに。

 1999年1月26日から2月3日にかけてXは伊勢警察署で任意の取り調べを受けている。Xは当初完全黙秘の状態であったが、三日目から四日目にかけて、事件当日のことを次のように話している。

「夏にですね、辻出さんに失礼な電話をしてしまったんです。そのことを謝りたいと、その日の夕方に電話したんです。『夜10時頃に仕事が終わる』ということでしたので、午後9時ごろに伊勢に着き、午後10時ごろに電話を入れたんです。すると『11時ごろに終わるので待っていて欲しい』と。時間つぶしをして大東京火災の駐車場で待っていたところ、11時すぎに、辻出さんから電話がかかって来ました。私は場所を教えて駐車場で落ち合いました」

 ここでいう夏の電話とは「辻出さんにもう二度と電話しないように伝えて欲しい」というXから伊勢文化舎への電話である。Xには別居している妻とは別に、名古屋在住の恋人A子がいた。XがA子と自宅で過ごしているときに、辻出さんから電話がかかってきたことがあった。そのとき、XはA子に疑われたので、上記のように辻出さんに電話をかけたというのだ。

 では、夏の出来事をなぜ11月になって謝ろうと思ったのか。不自然ではないか。これに関して、男は次のように話している。

「A子とケンカをしまして、11月19日からA子が名古屋の家に戻ってしまったんです。寂しくなったので、女遊びでもしようかと思い、辻出さんに連絡しました。夏の電話のことで謝るという口実で会おうと思ったんです。セックスができると良いな、と思ってね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング