あの在特会がニコニコチャンネル放送開始で広がる波紋

東京ブレイキングニュース / 2014年12月15日 17時0分

写真

 この情報がもたらされるや、在特会を批判している人々からドワンゴに対する罵声が飛び交ったのだが、この段階でドワンゴを非難するのは気が早過ぎる。

 ニコニコでチャンネルを開設する場合、送る書面の内容によほどの問題がなければ "ほぼ通る" のだ。 例えば「山口組がチャンネルを作ります」ならば流石にお断りするだろうが、在特会は準暴力団ですらないので微妙なところ。下手に「在特会だから」を理由にチャンネル開設を断れば、その時はドワンゴの方が非難される可能性すらある。

 また、もし仮に在特会が書面に「チョウセンジンの皆殺しを目的とします」といった頭に虫が湧いたような文言を書いていれば、おそらく当たり前の事としてハネられただろうが、猫をかぶって「日本人として知っておくべき情報を伝えるチャンネルです~」といった書き方をしていれば、ドワンゴとしても断る理由がなくなってしまう。

 したがってチャンネル開設までは致し方ないと考えるしかないのである。ここで勘違いして欲しくないのは、「開設までは致し方ない」という点だ。あくまで「開設までは」である。

 さて、話は変わりますが、私は過去に2回チャンネルを潰しております。ひとつは「女優がギブアップするまで24時間でも48時間でもノンストップで続くAV撮影現場から時間無制限生中継」をやったとき。 カラミのシーンが映せないのは重々承知していたので、カメラの前にすりガラスを置き、現場で何が起きているかは音声と運営コメントで最低限の報告をするという形式だったのですが、ドワンゴの「SEXの中継など許せるはずがないだろ! 音声だけでもチャンネル削除対象だ!」という判断でBANGされました。

 こう聞くと皆さんは「当たり前だろ!」と思うかもしれませんが、以前寄稿した記事で書いたように、便宜上AVはSEX(性行為)を行っていないという建て前があります。皆さんは女性器に男性器を出し入れしていると思うかもしれませんが、日本でAVの存在が許されている理由は性器の抜き差しをしていない(という建て前になっている)からです。

 という事は、なぜあの現場からの音声だけの中継を、ドワンゴは「性行為の中継だ」と断定したのでしょうか? 様々な倫理団体の審査を通過して「日本の法律に反していません」とお墨付きを貰っている業界なのに、なぜ一企業でしかないドワンゴの判断で「あれは性行為だ」と断定できるのでしょう?

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング