テレビで有名経済評論家を超コワモテ芸人が殴っちゃった! 「あの人には誰も逆らえませんよ」

TABLO / 2020年4月7日 17時51分

写真

写真はイメージです。

 

令和になってから芸人も大人しくなってきたと言われます。しかし、昭和の血を引いている芸人はやっぱり怖いです。

昨年は吉本興業の「闇営業」問題が取りざたされました。「やっぱり芸人は準暴力団・半グレとつながっているのか」。そう思った読者も多いことでしょう。

とは言え、2011年に暴力団排除条例が全国に施行されてから、芸能界と暴力団の関係は表向きはキッチリと断ち切られたような見えます。しかし、芸能界もヤクザも「アウトロー」であることはから親和性が高い訳で、どうしたって完全に断ち切るのは難しいでしょう。

ある政治・経済評論家が言いました。「やはり、『あの人』は怖いですよ」。

「あの人」とは彼が、取材中に出会ったヤクザの親分でもなければ準暴力団・半グレでもありません。今をときめく、大物お笑い芸人です。それを聞いても「やっぱり」と思うでしょう。また、先輩芸人が後輩芸人に対して愛の鞭と称した「パワハラ・暴力」もTKO木下氏の例を挙げるまでもなく横行しています。

 

参考記事:Aさん、あなたはやっぱり反社と親密だった 闇営業問題は終わっていない 本サイトが存在を把握したA氏の「ツーショット写真」 | TABLO

 

が、芸人が芸人対する「愛の鞭」は千歩譲って「分からないでもない」ですが、文化人枠の評論家に対して、ぶん殴るとは……。

「当時のアノ人には誰も逆らえませんでしたから」(週刊誌記者)と大阪のみならず、東京でも絶大な影響力を振るう「アノ芸人」。後輩芸人、スタッフそして文化人にもバイオレンスをふるう芸風はしかし、今の時代には合っていないのかも知れません。(文◎編集部)

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング