岡田斗司夫が映画『バクマン。』を酷評する理由|ほぼ週刊吉田豪

TABLO / 2015年10月14日 18時0分

写真

 様々な著名人が絶賛し、岡田斗司夫は酷評する大根仁監督の映画『バクマン。』をボクも観てきました。いや、ホント面白かったですよ! 岡田斗司夫が「漫画を描くシーンが多くて地味すぎる」とか「漫画に対する敬意と尊厳がない」とか批判していたけれど、むしろ漫画を描くシーンが地味にならないための工夫とか、漫画に対する敬意が伝わってくる感じで。

 で、なぜ岡田斗司夫が酷評したのかというと、それって大根仁監督の映画『モテキ』に対してサブカル界隈の人たちが批判的だったことに近いと思うんですよね。サブカル界隈で生きてきた人間が、その思い入れの強さゆえ『モテキ』でのサブカルアイテムの使い方にモヤモヤしたように、オタキングを名乗る男は漫画というジャンルの扱い方にモヤモヤしたんだろうな、と。ちなみに大根仁監督は「岡田斗司夫に褒められたら、むしろネガティブキャンペーンになるので良かったですよ!」と喜んでました!

 そして、『モテキ』であれだけ『映画秘宝』界隈で不評だった大根仁監督が、実写版『進撃の巨人』が酷評されまくるタイミングで、同じ漫画原作の実写化でこれだけ評判になっているのも、よく出来たドラマになってるなと思いました。『映画秘宝』に掲載された『進撃の巨人』についての町山智浩×柳下毅一郎対談に対してのものだと思われる、「とある雑誌の、とある対談を読んで、途中までムカつきまくり、途中から呆れて、最後は脱力で笑った。今後一切こんなヤツらに偉そうなことを言われる筋合いはない。さて、脚本を書こう。映画を作ろう」という大根監督のツイートもあったけど、次は町山さんが映画の世界でリベンジするドラマが見たい!

Written by 吉田豪

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング