社会学者・古市憲寿が小沢一郎を怒らせた騒動の構図

東京ブレイキングニュース / 2016年7月14日 19時0分

写真

 社会学者の古市憲寿氏のニコニコ生放送の公式放送「参院選前の党首討論」での小沢一郎氏への質問の内容、およびその後の謝罪の仕方が批判にさらされている。

 もともと、炎上発言の多い人ではあった。が、これを望んでいるテレビ、視聴者も一定層いる事だからさほど問題はあるまい。テレビというマスに出ると共感する人ばかりではない。必ず、アンチは出てくるものだ。それは目くじらを立てなくてもよいと思う。

 今回の騒動は三つに分けてみたい。

1 小沢一郎氏へ質問
2 小沢一郎氏への謝罪
3 6月27日の「ワイドナショー」での出演者たちの空気

 まず1。いきなり「小沢さん、再婚の予定は」という空気の読めなささ質問は、言った側が例えば、亡き浜田幸一氏や田原総一朗氏のような百戦錬磨・修羅場をくぐっている人間の言葉だったら、もしかしたら小沢氏も苦笑レベルで済んだのかもしれない。「ハマコーさんならしょうがないないな」と。

 が、古市氏はその態度から(これは少し同情するのだが)可哀想にも、「生意気」がそもそもそ前提になっているキャラである(僕もいけ好かないなとは思います)。そのなめた口調でハマコーさんでも田原さんでもない、まして政治学者でもない社会学者、さらに言葉のプロでもない人から言われれば、小沢氏は「は?」という態度になるだろう。

 この発言で古市氏は「党首の人柄も大事。それを浮かびあがらそうと思った」と言っているが、であるならば公明党山口代表にも池田大作さんについて聞いたり、他にもご家庭の事情を全員に聞いていくという方法をトライしなければならない(党首ではないが野田聖子議員に「ご出産の予定は」などと尋ねたら党首討論でなくても、下手すれば訴訟問題だ)。

 で、ワイドナショー(フジテレビ系)では安倍首相夫人とのプライベートでも仲が良い事を明言しており、盟友乙武氏の自民党出馬宣言でも一役買ったのだろうと想像しても言い過ぎではないだろう。そこで小沢氏に毒でもぶっこんでやろうと思ったのか台本なのかカンペの指示なのかわからないが失敗をした。

 要するに、あまり政治に関心がないけど「ワイドナショー」的にいつも通りにやっていれば笑ってくれるだろうという甘えがあったのだと思う。結果、「失言」を古市氏はしてしまった。が、これはまだよいのである。失言などテレビに出ていれば、誰もするものである。政治家など日常茶飯事と言ってよい。テレビを見ているお茶の間の方も会社や家庭で失言をするであろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング