歌舞伎町・黒人キャッチの強引な勧誘に逆らってみた結果......

TABLO / 2017年11月14日 18時0分

写真

http://n-knuckles.com/case/img/s_%E6%AD%8C%E8%88%9E%E4%BC%8E%E7%94%BA%E7%9C%8B%E6%9D%BF%5B1%5D.jpg

 最近、繁華街の黒人キャッチが怖いと思いせんか? そこで、新宿・歌舞伎町の黒人キャッチに、

1.もしも彼らに着いて行ったらどうなるのか
2.もしも彼らに逆らったらどうなるのか

 これらを実験してみました。

 

【黒人キャッチに手首を掴まれる】

 歌舞伎町とは東京都新宿区一のいや日本一の繁華街と言われ、四つの大きな幹線道路に囲まれた四方の街の事を指します。それより外の街は百人町とか、東新宿とか西新宿、北新宿とかになります。
 靖国通り、明治通り、職安通り、小滝橋通りの四つに囲まれた数百mが歌舞伎町です。この小さな街が「不夜城」と呼ばれています。

 歌舞伎町に立っている人はいくつかパターンがあります。風俗・キャバクラのスカウト、水商売のキャッチ、ホスト、裏DVDや裏カジノなどのキャッチです。
 靖国通りでは半ぼったくり居酒屋のキャッチが多いです。そのあたりはいなして、ドン・キホーテの通りセントラルロードに入ります。そこでもキャバクラのキャッチが散在しています。このあたりのキャッチは荒っぽく、有名ラーメン店の通りで自転車を振り上げて喧嘩をしている暴れん坊もいました。

 また、この道でのキャッチがあまりに「お兄さん、どこ行くの、どこ行くの」としつこかったので、「うるせえな。どこにも行かねえよ」「っち。どこにも行かねえなら歌舞伎町に来るんじゃねえよ」「何だとこの野郎」
 と言ったら、キャッチがタバコを投げつけながらウェスタンラリアットをしてきたことがありました(結果、どうなったのかは聞かないで下さい)。非常に物騒です。

 あずま通りとさくら通りのキャッチは外見が皆さん、イカついので彼らに着いていく人はよっぽど世間知らずか、正体を無くした酔っ払いでしょう。ついて行ってはダメです。

 そこを通り過ぎて、区役所通りに行ってみました。終電が過ぎた、深夜12時ごろからここは黒人のキャッチで、悪い意味で賑やかになります。ある黒人の(アフリカ人でしょう)キャッチが僕の手首をつかんで、しつこく「いい店がある。行こう」と言います。 

 「手、つかんだらダメだろ。道路交通法違反、東京都条例違反だろ。You are criminai,right?」と言いましたが、不気味な笑顔を見せながら区役所通りを渡ります。一応、店の前まで行きました。地下にあるインターナショナルパブでした。

 そこの店にはいかず、その足で、歌舞伎町マンモス交番まで行ってお巡りさんに、「区役所通りでキャッチに腕をつかまれて店の前まで連れて行かれたのですが、これって道交法違反、条例違反ですよね。注意してくれませんか」と丁寧に訴えました。

 ガタイの良いその巡査は、笑いながら「あー、あそこは物騒だからねえ」と言います。
僕「いやいや。物騒だから注意してくれせんかって、この交番に来ているんです」
巡査「怖い目に遭ったら、110番してくれれば」
僕「(思わず笑ってしまい)110番なんかしていたら10分以上かかりません? すぐそこだから一緒に来てくださいよ」
巡査「うーん。何かあったら110番してください」
 という押し問答をしているうちに面倒くさくなり、「わかりました。長々とすみませんでした。でもテレビの『警視庁24時』みたいな番組の時だけ張り切らないでくださいね」とかなり和やかに言っておきました。巡査、なぜか敬礼。

http://n-knuckles.com/case/img/s_%E5%AE%A2%E5%BC%95%E3%81%8D%E7%A6%81%E6%AD%A2%E7%9C%8B%E6%9D%BF%5B1%5D.jpg

【「オマエノ事、オボエテオクカラナ」】

 僕はその足でもう一回、区役所通りの黒人キャッチの人々に会いに行きました。一言、言っておこうと思ったのです。「誰が俺の手首掴んだんだっけ」。探してみましたが、顔を覚えいていません。しかし、似たようなキャッチが寄ってきて、店に誘おうとします。

 ここはひとつ、彼に注意しておこうと思い、「ここでキャッチしてると違法だよ。通行人の人、怖がっているよ」と言ってみました。が、キャッチは「ブラザー」と言いながら握手をしようとします。握手を拒否するとムッとしながら「ワタシ歌舞伎町デウマレタ。ダカラ皆ブラザー。ナゼ握手シナイ?」と言います。「いやいや。歌舞伎町で生まれてないだろ。アフリカでしょ」と言います。「イヤ歌舞伎町ヨ」。そういう応答をしているうちにどんどん剣呑となり、黒人キャッチが「殴るぞ」みたいに凄み出しました。

 既に遠巻きに黒人キャッチが取り囲んでいます。僕は「関係ねえから。If I Fight against you, I'll be a looser.So I don'care.It does't matter」とブロークンイングリッシュで言いながら距離を取りました。つたない英語なので、多分グラマー的に間違っているので、日本語でも「喧嘩したら負けるけど、それがどうした」と伝えておきました。

 そうしているうちに「オマエの事オボエテルカラ」とか言い出したので、「は? 俺がオマエの事覚えているから。お前どこのモンだよ。どこのモンだっつってんだよ。You remnber me? I remenber you、right?」。これも通じたかどうか分かりませんが、キャッチは根負けしたのかアタマを振りながら風林会館の方に消えて行きました。

という事で

1・黒人キャッチについて行ったらインターナショナルパブに連れて行かれそうになった
2・黒人キャッチに逆らったら、口喧嘩なり、さらに脅された
 です。ついでにそういうトラブルの為にある歌舞伎町マンモス交番の巡査は、頼りにならなさそうです。とにかく、キャッチは無視しないと酷い目に遭う事でしょう。(編集部)

TABLO|タブロ

トピックスRSS

ランキング