『アクタージュ』原作者だけじゃない!「ジャンプ」連載陣による恥ずべき不祥事

TABLO / 2020年8月11日 5時45分

写真

写真はイメージです

 

『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画『アクタージュ act-age』原作者である松木達哉容疑者(29)が強制わいせつの疑いで逮捕されました。

報道によると、中野区の路上で、歩いていた女子中学生の後ろから自転車で近づき、追い抜きざまに胸を触った疑い。松木容疑者は容疑を認めているそうです。

これを受け『週刊少年ジャンプ』の公式ホームページには、「8月11日の掲載をもって、『アクタージュ act-age』を連載終了といたします。」と、連載終了のお知らせがお詫びとともに掲載されました。

コミックスの発行部数が累計300万部を超える、大人気漫画の突然の連載終了に対しファンの間にも衝撃が走っています。

 

参考記事:東出昌大、大東駿介はまだまだ 「妊娠させて未入籍」「二人と結婚話」… 誠実さのかけらもないクズ芸能人たち | TABLO

 

振り返ってみれば、『週刊少年ジャンプ』の連載陣には、過去にも様々な不祥事のニュースがありました。

島袋光年氏 代表作:『世紀末リーダー伝 たけし!』『トリコ』

2002年、出会い系サイトで知り合った16歳の女子高校生に8万円を渡して援助交際をしたとして、児童買春禁止法違反で逮捕。

『たけし』の連載は未完のまま打ち切られ、逮捕の翌月に発売予定であった単行本最新刊は発売中止に。既刊も絶版となっています。(※その後、ワイド版で復活。2005年には『スーパージャンプ』にて『世紀末リーダー伝たけし! 完結編』の連載が開始、同年11月に完結。)

 

和月伸宏氏 代表作:『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』

2017年、女児の児童ポルノ動画を所持したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)の疑いで書類送検。当時の報道によると「児童の裸が好きで、購入していた」などと容疑を認めているとされていました。

これを受け、連載していた『るろうに剣心 – 明治剣客浪漫譚・北海道編 -』が一時休載となっています。

 

関連記事:SNSには激カワ禰豆子がいっぱい! 勢いが止まらない『鬼滅の刃』 レイヤーだけじゃない、各界のトップ美女が鬼滅コスをする理由 | TABLO

 

このほか、代表作『ヒカルの碁』や『DEATH NOTE』などの小畑健氏(51)も、2006年に銃刀法違反で現行犯逮捕(※その後、不起訴処分)されるという騒動がありました。

 

原作者/漫画家による不祥事は、連載打ち切りや休載など、楽しみにしているファンを悲しませる事態に発展します。

今回の逮捕劇は大変にショッキングな出来事ですが、ヒット作を生み出した才能を持ち合わせているのも事実。しっかりと反省し罪を償っていただき、いつか連載が再開される日が来るのであれば、二度とこのような事態を招かないようにしていただきたいものです。(文◎デューク・テルゴ)

 

あわせて読む:武井壮の炎上騒ぎ、あなたはどう思いますか? 尊敬されていた「百獣の王」も一夜で“気持ち悪いロリコン”に降格 | TABLO

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング