保釈の伊勢谷友介被告 メディアで囁かれている「次は誰だ」 果たして「大麻仲間」はいるのか

TABLO / 2020年10月1日 10時30分

写真

写真はイメージです。

東京地裁が保釈を決定した伊勢谷友介被告。これから裁判が始まる訳ですが、逮捕当時は「またか」という世間の感覚と「大麻ぐらい」という一部有識者の意見が「分断」されており、大麻解禁論がネットをにぎやかしています。が、「大麻は日本では違法なのだからアウト」という事で現在は落ち着きそうです。

伊勢谷友介被告も当初の供述で大麻所持を認めたものの、「日本では違法とわかっています」といった主旨でした。「日本では」というのが引っかかりました。確かに、海外では合法な場所があり、「日本は遅れている」といった風潮もあります。しかし、あくまでここには日本という事を忘れてはいけません。

このような、伊勢谷友介被告的心情を持つ人はたまにいます。どうしても覚醒剤よりも罪の意識が低く、だからこそ「ゲートドラッグ」と言われている訳です。

伊勢谷被告の裁判で注目されるのが、入手先。そして本当に「一人で楽しむため」だけかどうか、捜査関係者は注視しています。すなわち「大麻仲間」がいたのではないか。最近でSNSのチェックも怠らないのが警察の捜査。「伊勢谷友介の名前は随分前からあがっていた」(警視庁警察官)という声も編集部では聞いています。

参考記事:相次ぐ芸能人逮捕でとうとう警察がブチ切れ! 警視庁に「芸能人薬物対策班」立ち上げか 今度は人気セクシー女優が薬物疑惑で強制捜査!? | TABLO

また薬物関係は、横のつながりが広がる傾向があり、「次は誰だ」ということも当局が気にしている点です。よく「メディアで噂に上がっているからと言って疑わしきは罰せず」という声も聞きます。確かに原則はそうですが火のないところに煙は立ちません(現に伊勢谷被告もその一人でした)。「大麻仲間」はいるのか。取り調べではそのあたりを聴取された可能性もあります。

以前までは、様々な役をこなす異色俳優Aの名前が囁やかれていました。単なる二枚目俳優から脱し日本でも指折りの演技派俳優Bの名も挙げられていました。

編集部にも以前、記事で書いた通り、噂レベルではなく実際に採尿や内偵された芸能人はまあまあの数がいます。しかし、そこでは薬物反応は出て来ませんでした。捜査までされた俳優はさすがに懲りて、抑えるでしょう。が、薬物と芸能界は残念ながら歴史的に見てもつながりは断ち切れていません。だからこそ「次は誰だ」という声も絶えない訳です。(文◎編集部)

あわせて読む:アノ大物女優も採尿検査されていた! 警視庁が伊勢谷友介容疑者の次に狙う薬物芸能人 | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング