ロンブー淳、立川志らくが小林麻耶夫婦をいじる コメントは出さないくせに揶揄するその「いじめ体質」こそがテレビの問題では?

TABLO / 2020年11月18日 11時15分

写真

この写真はイメージです

被害者ヅラしてイジるなら、ちゃんと否定すれば? ってほとんどの視聴者が思ったはず

落語家の立川志らくさんが、17日放送のTBS『グッとラック!』にて、小林麻耶さんの騒動をイジるような発言をし、視聴者から「スルーしまくってきたくせに、笑いのネタにだけするのはずるいよね」「こういうイジりがイジメだって事わかんないんだろうなコイツら」といった声が寄せられているようです。

参考記事:立川志らくの妻が弟子を引き連れて「ティッシュ買い占め」!? 「爺さん婆さんは新聞紙でケツ拭いてください」と言い放った直後に特大ブーメラン!

番組ではこの日、ジャニーズの近藤真彦さんの不倫問題について特集。5年に及ぶ不倫を報じられた近藤さんは、その事実を認め、無期限で芸能活動を自粛すると発表しています。

これに対し、番組MCの志らくさんは『こういう話題は興味がないので、マッチにかける言葉もない』としつつ、『「だっせー」ぐらいですかね。あ、「だっせー」は私か』とコメント。この発言に対し、ロンブー淳さんが『「だっせー」は言われたんですよ、例の旦那さんに』とつっこみ、スタジオからは苦笑の声が聞こえていました。

この“例の旦那さん”というのは、番組降板騒動で話題となっている小林麻耶さんの夫、あきら。さんのことで、志らくさんの発言は『あのMC、どうかしてますよ。ダッサ』と猛批判されたことについての自虐でした。しかし、いまだこの騒動についてきちんと言及していない中、こうしたイジリで笑いをとるような姿勢に、視聴者から疑問の声が浮上。

ネット上では、

「この話題をスルーしまくってきたくせに、笑いのネタにだけするのはずるいよね。笑いのネタにするなら、番組で説明してからじゃないの?」

といった声をはじめ、

関連記事:小林麻耶降板騒動が波及 『グッとラック!』はなんと問題をスルー! クソダサいおじさんと面倒なおばさんの戦いは続く | TABLO

「また居ない奴をスタジオで笑い者にしてたのか。小林がヤベーのはわかるけど先週のフワといい、小林匂わせてスタジオ皆で笑うって気持ち悪い」

「淳とか志らくがああいう感じで弄っているのがいじめって言われるんじゃないの? と思うし、まじで朝から気分悪くなった」

「こういうイジりがイジメだって事わかんないんだろうなコイツら。トラブルメーカーだったとしても番組をともに作ってきた仲間でしょうよ」

「これじゃあそもそもの原因がアホ夫婦のほうだったとしても、それに対してヤツらが“自分たちに対するイジメ”と取るような事を番組側もしてたんだろうと思うわな」

などといった声が寄せられています。

番組スタッフからいじめを受けていたとする小林さんの主張を、TBS側は全面的に否定していましたが、番組MCが自ら笑いのネタにしてしまって以上、その否定はもはやなんの説得力も持たないものになってしまったのではないでしょうか。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:昔の小林麻耶なら言わなかっただろう「内々の話」 番組スタッフからのいじめ、ムカつく人の実名まで挙げる理由とは――? | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング