ピエール瀧容疑者にコカインを譲り渡した20年来の知人女性が逮捕 彼女は闇の売人だったのか

TABLO / 2019年3月22日 20時27分


 俳優としての活動も幅広く、NHKの朝ドラや大河ドラマにも多数起用されていたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)がコカイン使用という麻薬取締法違反容疑で逮捕され芸能界に衝撃と波紋が広がっている。

関連記事ツアー中止の電気グルーヴ 瀧容疑者の交友関係にも怪しい人物が数名いると語る関係者 | TABLO

 人気作への出演も多かったピエール瀧容疑者だけに、これまでの芸能人逮捕では多く行われてきた映画公開見送りやドラマなど出演作の配信停止、CDやゲームの出荷停止という措置に照らし合わせると、お蔵入りとなってしまう人気作や名作が余りにも多く、「過剰反応なのでは」「作品い罪はない」といった言葉と動きが広がっている。

 また、ピエール瀧容疑者の麻薬取締法違反容疑には交友関係、そして音楽グループメンバーにも疑惑の目は向けられており、入手ルートの解明が急がれていた。

 そして本日3月22日、ピエール瀧容疑者にコカインを譲り渡したとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部が、神奈川県横浜市在住の通訳業・田坂真樹容疑者(48)を麻薬取締法違反(譲渡)容疑で逮捕していたことが判明した。

 田坂容疑者はピエール瀧容疑者と20年来の知人と言われており、今後は田坂容疑者がピエール瀧容疑者以外に譲渡していた人物、そしてコカインの入手ルートなどが取り調べられるという。


「通訳業っつーことはここからは海外業者かな」
「何語の通訳業さんでしょうね」
「謎の死を遂げそう」
「20年来の知人ってことはおそらくピエールには特別に渡してたってことだから他の芸能人との関係は薄いんじゃないかな。せいぜいピエールに親しい芸能人数人くらいまでだろう」
「ヤクザがらみじゃなくて、独自ルートだとどういう入手ルートなんだろ?」
「テレビでは30年来の友人でテクノイベントでよく会ってたって言ってたよ」


 また、田坂容疑者の名前で検索が行われると、外国人の来日理由を聞いてみるという人気番組での通訳者として同姓同名の人物がいたため、同一人物なのではとの憶測や、ピエール瀧容疑者とも親交のある有名DJの姉または妻なのではという憶測も飛び交っている。

関連記事ピエール瀧容疑者をかばうあまりの「コカイン堂々とやろう」と言ってしまう風潮のダサさ|久田将義 | TABLO

 コカイン入手先が旧知の間柄とあり、さらにクラブシーンへの出入りがあったとの情報もある。これまで発生した薬物逮捕騒動では「芋づる式」が語られながらもなかなか思惑通りに事が運んだ試しはなかったが、今回ばかりは「芋づる式」の逮捕劇が実現する可能性もあるのだろうか。(文◎編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング