ネットウヨク論:番外編~差別と言われない韓国批判「対馬問題」2

TABLO / 2013年11月8日 22時0分

写真

 前回に続き、今回も対馬の歴史を元に、韓国が主張する 「対馬は韓国の領土だ」 という主張を全否定する。

・宗氏の入国

 対馬の歴史で最も有名なのは、代々支配していた宗氏の暗躍ではなかろうか? 実はこの宗氏の立ち回りのお陰で、その時々の朝鮮の統治者にいらぬ誤解を与えてしまっている点も大きいのだが、それはさておき。 

 この宗氏が対馬に入ったのは12世紀頃と言われており、元々は平氏の出ではないかと言われている。 宗氏は13世紀頃にはそもそもの在地勢力であった阿比留氏を上回る力を得て、対馬における最大勢力となった。

・蒙古襲来

 1274年に元と高麗が兵数4万人・軍船900艘という大軍を率いて対馬に上陸。 宗家の当主は、この時にわずか80騎ばかりの手勢で突撃し討ち死にしている。 その後、元軍は対馬・壱岐で虐殺・略奪をしつつ九州に上陸するも、指揮官の負傷など思わぬ苦戦を強いられ撤退を決意。 だがその際に風の影響で200~300艘の船が座礁し大損害を被った。 元・高麗軍の最終的な人的被害は13,000人に及んだという。(よく言われる神風は、現在では戦闘結果自体に影響はなかったとする意見の方が多い。 南宋との決戦を控えた元が、九州における陸上戦での損害を嫌い、早々と撤退したところで暴風に遭ったという説が濃厚とされる) 

 1281年になると、南宋を滅ぼした元が15万という大軍を率いて再び日本に攻め入る。 この時も対馬・壱岐は抜けたものの、元軍の損害も多く、援軍の江南軍と合流して平戸を占拠するも、日本軍の圧力に苦戦する。 その最中に台風に襲われ多くの兵船が失われた。 よく言われる高麗の船が貧弱で被害が多かったというのはウソで、実際は高麗の船の方が頑丈で、出兵した兵の7割が生還できている。 それに対し、船が貧弱で致命的な被害を受けたのは江南軍だった(沈没した船の調査で大多数が江南の船だと判明している)。 元軍全体の損害として、帰還できた将兵は多く見積もっても15万人の内の6万人(一説によると1万数千人) ほどと言われており、日本側の記録では、生け捕りにした捕虜だけで2~3万人いたとされる。

 

・宗氏の倭寇鎮圧と朝鮮貿易独占

 朝鮮は倭寇の被害に悩まされるも、独力で駆逐することができずにいた。 そこで宗氏が代わって倭寇を鎮圧。 この功を喜んだ朝鮮は、倭寇対策も兼ねて宗氏を日朝貿易の日本側窓口に指名。 これによって宗氏が朝鮮貿易利権を独占することとなった。 ちなみにこれは8代当主貞茂と、その息子貞盛の時代の話である。(宗貞茂1398年当主就任~1418年没 宗貞盛1385年~1452年)

 

・宗貞盛が朝鮮と嘉吉条約を結ぶ

 上の記述の補足だが、宗氏は日朝貿易利権を独占するにあたり、朝鮮と条約を結び "朝鮮の外藩でもある" というポジションを得る。 これが韓国の "対馬朝鮮説" の根拠のひとつに挙げられている。

 

・宗氏、秀吉の朝鮮出兵に参加

 日本と朝鮮の間に入ってあっちを立ててこっちを立ててと暗躍していた宗氏だったが、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際には小西行長の軍勢に所属し先鋒として従軍。 釜山―漢城―平壌の攻略に活躍した。

 

・宗氏、幕府の命により朝鮮との国交回復に尽力

 徳川幕府から朝鮮との国交を回復するように命じられた宗義智は、あの手この手で朝鮮側に打診し、1609年に日朝間の国交を回復する慶長条約(己酉約条とも呼ばれ、条約ではなく約定だとの説も) が成立する。 こうして宗氏は再び堂々と日朝貿易の利権を独占することになった。

 

・対馬藩(宗氏)、朝鮮からの通信使の護衛役を長年に渡って務めあげる

 1811年までの間、対馬藩は朝鮮から訪れる通信使(最大で500名にも及ぶ使節団) の江戸までの護衛役を務めた。

 

・対馬藩(宗氏)、朝鮮との貿易じゃ儲からなくなって配置換えを要求

 この話はオチである。 明治時代が近付き、段々と朝鮮貿易では利益を上げられなくなって来た対馬藩は、井伊直弼に対して 「もう朝鮮貿易じゃ儲からないので本土の適当な場所に移させて欲しい」 と打診。 これを井伊が受け入れたとされているが、桜田門外の変で殺されてしまったために "なかったこと" になる。

・番外編 ちゃっかり宗氏は華族に

 維新の際にすったもんだがあったものの、宗氏はそれまでの功績を認められ華族になる。 

 というわけで、簡単に対馬の歴史をご紹介したが、いったいどこが "対馬は歴史的に朝鮮領" なのだろう? 

 重要なのは、こうした領土問題が発生した場合に、当事者同士でどうこうしようと考えるだけではなく、諸外国に対してこういった正しい歴史を証拠を添えてアピールすることである。例えばアメリカ人やヨーロッパ人などからしてみたら、アジアの歴史なんざどうでもいい話で、無知な日本人以上に何も知らないのだから、より大きな声で理路整然と意見を唱える方を支持するだけだ。従って日本はこうした歴史的事実を元にした反論を英文等に訳すなどして、広く伝え広めて行かねばならない。それを怠ると、竹島はおろか対馬まで実質支配され、国際法廷に持ちかけても 「え?でも支配してるの韓国なんでしょ?」 と言われて国土を失うことに直結する。 そういった意味では、嫌韓属性の日本人が忌み嫌う韓国人の押しの強さには、学ぶべき点が多いと言えるだろう。

 ところで、今回の2話分の文章の中に、どこか差別的な発言があっただろうか? 日本の正当性を主張するのに、ネトウヨ系団体らが口にする 「朝鮮人はコロセ!」 といった品のない言葉は不要である。 そんな言葉を使わずとも、韓国の矛盾点はいくらでも挙げられるはずだ。

 ではなぜネトウヨ系団体は頑なに 「朝鮮人はコロセ! 朝鮮女は犯してからコロセ!」 といった言動を改めないのだろうか? また、なぜ対馬や竹島の問題をコリアンタウンでがなり立てる必要があるのだろうか? 在日コリアンには韓国をどうこうする力などなく、むしろ差別を受ける立場にある。 そんな弱い立場の人間しかいないような場所で 「朝鮮人をコロセ!」 と叫んだところで問題は全く解決に向かわず、それどころか日本人が諸外国から軽蔑される結果にしかならない。

 こうした点と点を結んで考えてみると、在特会らは結局のところ 「安全圏から朝鮮人に石を投げ付けたいだけ。 愛国を言い訳にして鬱憤晴らしをしたいだけ」 か、もしくは 「愛国心や国防精神とは別の動機がある」 のだと解る。 こうした恥ずかしい真似を早々に改めて、日本人の主張が海外に浸透するよう活動したならば、デモの度にアウトロー揃いの反レイシスト集団に襲われる事も、朝鮮学校に1,260万円などという冗談みたいな賠償金支払いを命じられる事もなかったのというのに。(余談:朝鮮学校は生徒が集まらず、在校生も家庭の事情で授業料を支払えなかったりで資金難で苦しんでいたというのに、とてもタイミングがよろしい事で。 もしかして在特会による朝鮮学校への新しい援助方法なのだろうか?)

 先日の記事にも書いた言葉だが、国を愛する日本人を自称するならば、せめて恥を知ろう。 そして歴史を知って、自分達の声が世間に届くよう行動しましょう。 それが出来ない連中は、愛国者のフリをして日本に不利益をもたらそうと画策する売国奴だとレッテル貼りさせて頂きます。

Written by 荒井禎雄

Photo by 竹島問題とは何か/名古屋大学出版会

NDO(日本のダメなオトナたち)http://ch.nicovideo.jp/ndo

※様々なジャンルの、何かしらの専門知識を持つ様々な業界の人間(オトナ)「ダメそうなオトナたち」による、マジメなんだかいい加減なんだか解らな い情報バラエティチャンネル。毎週日曜の昼間に、日刊ナックルズの(勝手に)公開編集会議を放送しています。記事に対するご意見ご要望などありましたら、 ぜひご参加ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング