ヤンキー御用達!? 暴走族仕様の「旧車會」バイクだがヤフオク出品者は思いのほか...

TABLO / 2013年11月17日 15時0分

写真

 ヤフオクでの取引は頻繁に行われており、今回出品が確認された旧車も確実に前が見えない立派なもので、気合の伝わり方は本物だ。

 もちろん出品者への質問も相次いでいる。

http://n-knuckles.com/culture/img/201311112.jpg

 

『回答 10月 19日 21時 43分

ご質問有難う御座います かなり高額のお取引になります 出来ましたら現車確認をして納得をして頂いたうえでのお取引を希望しますが、運送業者を手配して車両代金を振り込みして頂きノークレーム・ノーリターンを約束して頂けるのなら可能です。』

 

『回答 10月 21日 20時 57分

ご質問有難う御座います 今は白煙・異音などは、当方気になりませんが、かなり古い車両になります 現車確認・試乗も可能ですのでぜひお奨めします 現車確認をして納得いかれた方に大事に乗って頂きたいと思います ご検討下さい。』

 

 とても丁寧なやり取りが意外だ。旧車會仕様バイクの取引では縦社会文化の影響か、意外にも丁寧かつ良心的なやり取りが行われている。

 元暴走族という人間が、何故か社会や会社の重要ポジションを任されているという事例は少なくないが、その地盤が垣間見えたような気がしてならない。

 ちなみにこのオークションは、19万円とお買い得価格のまま買い手がつかず終了している。

Written by ニポポ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング