池谷幸雄の女性遍歴と3億円詐欺被害...『ほぼ日刊 吉田豪』連載82

TABLO / 2013年11月16日 12時0分

写真

 22歳でバルセロナ五輪の銀メダリストとなり、25歳でギリギリガールズとデキ婚し、27歳で女子アナと不倫し、28歳で離婚し、30歳でスポンサー的な立場だった12歳年上の女性実業家と再婚し、34歳でまた離婚した池谷幸雄。彼は24歳のとき出した著書『夢は果てしなく永遠に』(日本文芸社)で、「『不倫』というと、どんなイメージ?」という質問に「遠いようで近い出来事」「遠い将来、自分にも関係あることになったりして!?」と予言したり、「『熟女というと?」という質問には「ウワーッて感じ(笑)。熟女って何歳くらいからいうのかな。27、8歳くらいになるともう熟女って感覚がボクにはあるけどね」と素直に答えてたりもしたんですが、そんな人が42歳の女性実業家と再婚したのは一体何故だったのか? そして今度は41歳の官能小説家との間に隠し子が発覚した上に、「お金に困っていると言っていたから金銭的な援助を求める気はなかったけど、バラエティ番組で年商1億円あると言っていたから認知しろ!」と迫られる騒動が勃発。その直後に、またバラエティ番組で「総額3億円の詐欺被害に遭って、いまはすっからかん」と答えていたから爆笑しました。ちなみに29歳のときの著書『池谷幸雄の死』で「オレは40歳までに死ぬ!」と宣言し、帯にもデカデカとそう書いていた彼も現在43歳。元気そうで何よりです!

Written by 吉田豪

Photo by 10分間チューブダイエット~池谷幸雄のウエストシェイプ~

TABLO|タブロ

トピックスRSS

ランキング