「もっと尻を突き出せ!」バカ親に売られるジュニアアイドルと児童ポルノ法の問題点

東京ブレイキングニュース / 2013年11月29日 11時30分

写真

 秘密保護法の強行採決を受け、知る権利や表現の自由について熟考すべきという声が高まっている。だが、秘密保護法以外にも長年にわたって揉め続けている案件も数知れない。例えば穴だらけで今の状況に全く合っていない風営法や、パチンコ・スロットだけが許される理由の説明が全くなされていない賭博に関する法律。 そうした問題の多すぎる法律の中でも、今回は児ポ法に絡む話をさせて頂こうと思う。

 世のため人のために児ポ法や表現規制を推進している方々には申し訳ないが、現段階では 「そもそも児童とは何か?」 や 「児童をどうしたいのか?」 といった、動機・目的・ゾーニングがてんで噛み合っておらず、とてもじゃないが推進派の意見をそのまま鵜呑みには出来ない代物だ。また 「非実在児童」 だの 「擬似児童ポルノ」 だの 「CG児童ポルノ」 だのといった意味不明の造語・概念ばかりが増え続けており、素人目にも 「二次元創作物まで範囲に入れたくて無理をしている」 様子が受け取れてしまう。ただ子供を守るための法律ならば、今ある法律に僅かの手直しを加えれば良いだけだと思うのだが、適用される範囲を無理に広げようとするから問題が噴出するのではなかろうか?

 片方では人気取りのつもりなのか 「クールジャパン」 と言ってみて、もう片方ではそのクールジャパンを生み出す土壌をぶち壊しにするような表現規制を進めようとする。全くもって何がやりたいのか伝わらない。それどころか、法案の内容に問題があると文句を言う人間に対し 「ロリコンだ!性犯罪者だ!」 と、レッテル貼りをする輩までいる始末である。

 そうした一部の狂信的な規制推進派の皆様が 「児ポ法をいかに二次元創作物にまで適用させるか?」 に夢中になっている影で、いの一番に守る対象にせねばならないはずの 「実在する三次元の児童」 がどういう目に遭っているのか、ジュニアアイドルの業界を例に出してご説明しよう。

 以下はデリケートな話題になるので、私が撮影スタッフとして、また取材のライターとして、直接見聞きした内容に限ってお話させて頂く。

 まず、ジュニアアイドルと呼ばれるタレントは非常に寿命が短い。 早い子は7~8歳くらいで事務所に入ってモデルを始めるが、14~15歳辺りで旬が終わる。なんせ商売相手がロリコンなのだから、彼らの食指が動かない年齢になったら目に見えてDVDの売上が落ちるし、商売にならなくなれば事務所の扱いも悪くなる。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング