鼻呼吸を意識するだけで風邪やインフルエンザ予防に?【K-1格闘家コラム】

東京ブレイキングニュース / 2013年12月13日 8時0分

写真

 寒くなるこの季節。 風邪やインフルエンザが心配ですね。

 風邪のウイルスは湿度に弱いので加湿器を使ってる方も多いんじゃないでしょうか。実は私たちは天然の優れた加湿器を持っているって知ってました?

 それは鼻です。正確に言うと鼻呼吸になるんですが、鼻は次の様な優れた機能があります。

•[加湿器]鼻を通って来る時に乾燥した空気に適度な湿気がプラスされます。

•[空気清浄機]鼻毛や鼻の粘膜でチリやホコリ、ウイルスをキャッチして外へ排出してくれます。ちなみに鼻くそはそれらが固められたものです。

•[エアーコンディショナー]、鼻を通って来る間に外の冷たい空気が程よく温められます。

 口呼吸では外の冷たく乾燥した空気が直接喉に入ってきます。喉の粘膜にダメージを与えて、しかもホコリやウイルスがダイレクトに入ってきます。

 また、唾液には口内環境を整えて虫歯を防ぐ効果があります。口呼吸では口の中が乾燥して唾液の優れた虫歯予防効果が期待できません。

 これだけ優れた鼻呼吸を使わない手はないですね。とはいえ呼吸というのはあまりにも自然にやっているので中々意識しづらいです。普段口呼吸やっている方がいきなり変えるのはけっこう大変です。 実は私もパカっとアホみたいに口を開けて口呼吸してました。今でも気を抜くと口呼吸になります。

 そういう方はシュガーレスの飴を舐めたり、ガムを噛んでみましょう。口が意識しやすくなりますよ。しっかりと鼻呼吸をして乾燥した冬を乗り切りましょう。

Written by 大野崇(プロキックボクサー・元K-1 JAPAN選手・トレーナー)

Photo by Stéfano Obregón

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング