女はこんな男に惚れる! もっとモテたいあなたに...短期集中モテ講座(4)by大泉りか

東京ブレイキングニュース / 2013年12月19日 11時0分

写真


 12月8日に『もっとモテたいあなたに  女はこんな男に惚れる』(イーストプレス)を上梓したばかりの筆者・大泉りかが、誰でも絶対にモテる方法をお教えします! 第4回は『ラブホテル選び』についてです。

 あなたが彼女と初めてセックスをすることになった時に、何に一番気を使いますか? きちんと勃起するか、彼女をイカせられるかどうか、途中で萎えてしまわずに射精まで辿り着けるか......むしろ、彼女を抱けることが嬉しくて、そんなことは一切考えていないかもしれません。が、面倒くさいことに女性の内面はもっと複雑なんです。

■自分の下着が気に入らないだけでラブホ拒否も...

 その下着はひょっとして、その日に備えて新しく買ったものかもしれません。というのも、男性と初めてホテルに行く予感があった場合、女性は自宅からその準備をしてきます。脱毛を済ませ、足爪のペディキュアが剥げていないかチェックをし、男性の喜びそうな下着を身に着ける。その下着はひょっとして、その日に備えて新しく買ったものかもしれません。

 とにもかくにも、女性はホテルに行くというだけで、これだけの前準備をして挑むのですから、その分の気遣いを男性にも求めてしまいます。具体的に言うと、選ぶホテルがあまりに安っぽくて薄汚いと、がっかりしてしまう、ということです。

 たった一回のセックスに、高いお金を払うのは勿体ない気持ちはわかります。それに、する場所が、安っぽくって汚くても、セックス自体は変わらない......むしろ、あまり綺麗なホテルよりも、少しうらぶれていたほうが興奮する、という男性もいるかもしれませんね。

 しかし、女は生活感に根差した性行為には、あまり興奮しないように出来ているようです。出会い系などで知り合った男性と安いラブホテルで性欲の赴くまま......くらいのストーリーがあればまた違うかもしれませんが、恋人同士になって初めてセックスする時や、付き合いたての頃は、やはり出来る範囲で綺麗なラブホテルに入るようにしましょう。

■変った特徴推しでラブホ代を節約

 しかし、毎回毎回、女性好きする、高くて綺麗なラブホテルに泊まるのは金銭的につらい......ということもありますよね。その場合、二回目以降は、安い・高いではなく違った目線で選ぶのはいかがでしょうか。

 今ではインターネットでいろんなラブホテルの情報が調べられる時代です。なので、事前に安くても、何かひとつ特徴のあるホテルの情報を調べておくといいと思います。例えばジャグジーや露天風呂、サウナがあるなど設備に凝っているほか、和室だったりSMっぽかったり、また、チェックアウトの時間が遅かったり、外出自由など何か他のラブホテルとは違った特徴があれば、そこを推すかたちでチェックインし、ホテル代の節約に励むことができます。

Written by 大泉りか

Photo by もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング