【男性心理シリーズ】男性が浮気をする理由

恋学 / 2014年6月16日 10時27分

先日『探偵ナイトスクープ』という番組を観ていたら30年以上彼女がいない男性が出ていました。35歳前後だったと思いますが、生まれてからずっと彼女がいない男性が、「探偵さん、お願いです。ぼくとデートしてください。男女問いません」という依頼をしており、カンニング竹山さんがその依頼に体を張って答えていました。

体を張ってというのは、デートの最後にキスをするということもちゃんとやったということです。ぼくもテレビに出たときはわりと視聴者ウケのいいキャラを出すものの、カンニングさんのプロ意識には脱帽しました。

この依頼者のように、生まれてこのかたずっと彼女がいない男性もいれば(誰かつきあってあげなよ)、ふたりも3人もの女性と同時に付き合う男性もいます。ふたりも3人もの女性を独り占めしている男は、なにもがめついということではなく、「じぶんの実力を試したい」から浮気をします。

20140616

男の「試してみたい」実力

新車を買ったら、多くの男性は「ちょっと遠出」をします。高速道路をぶっ飛ばして「ちょっと遠出」して、車の能力を試します。ついでにじぶんの運転技術も試します。

持っているものの能力を試したがるのは男の特徴であると言えます。

よってモテる男性は、ひとりの女性に好かれたら、ふたり目3人目と、「オレの好かれる能力の限界がどこなのか」を知るために、いろんなことをします。要するに浮気します。

一度好かれたら、ワンパターンでも好かれると見えて、冒頭にご紹介したようにさっぱりモテない男性と、モテまくる男性とに分かれます。しかたのないことでしょう。

なぜ「試したい」のか?

浮気をする男性はエッチなのか? と言われたらそうかもしれません。女好きなのかと言われたらそうかもしれません。でも、ていどの差こそあれ、人類はエッチだから子孫が繁栄しているわけで、エッチだからとか女好きだからというのは浮気の理由になっているようでなっていないと思いませんか?

女性の不倫の理由と似ている

男は淋しい生き物だから、じぶんのことを認めてほしくて浮気をする。しかもじぶんが大好きな女という性に認めてもらいたいから浮気をする。

不倫の理由と似ています。女性が不倫をする理由で多いのが「いい子いい子してもらいたかった」というもののようで、要するに男女ともに異性に認められたいのでしょう。

男の場合は、女性に認められたいということは、男がいかに潜在的に淋しい生き物かを物語っています。

男は母親のぬくもりに守られてきた幼少期を忘れていないと主張する識者がいるように、男の淋しさは根深いから、淋しさをほかの手段で埋めることができない男は浮気をするのです。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング