ここだけ見とけば大丈夫! 恋愛チャンス到来を逃さない簡単な手相判別

恋学 / 2014年7月1日 15時3分

手相鑑定を極めれば、人生のあらゆる転機を察知し、その都度最適な身の振り方をすることが出来るようになります。

ですが、そうは言っても刻々と変化する手相を毎日目ざとくチェックするのは、流石にプロの手相鑑定人であっても容易なことではありません。ただ、毎日の鑑定も一つのジャンルに絞ってこだわることは難しいことではなく、例えば恋愛にのみ注視したいというのであれば、簡単にチェックすることが出来るんです。

今回は、1日わずか数秒で自分の恋愛運を把握することが出来る、もっとも簡単で精度の高い手相の鑑定方法をご紹介いたします。

20140625手相 トップ画像

見るべきポイントは本来そう多くない!ここを抑えれば好機は一目瞭然

早速本題に移りたいと思います。
今回見るべき手相としてご紹介したいのは、感情線。
主要な3つの太く長い線の中でも一番上に伸びているこの線は、その名の通り本来はメンタル面での動静を把握するために重宝していますが、感情線には恋人の出現の予知という、優秀な使い道もあるのです。

この予知の方法は非常に単純。
ただ感情線から、上向きに分岐する短い線が出ているかどうかをチェックすればいいだけなのです。図で説明しますと、このような感じですね。
20140625手相

早速ご自身の掌を見て確認してみて下さい。
鑑定師によって意見は異なりますが、筆者は見るべき手相として、左手を推奨いたします。

どうでしょうか? 感情線から上向きの分岐、発見出来ましたか?

この短い上向きの線は、恋人候補の出現が近づいている時期、あるいは既に恋人がいるという状況にしか発生しないと言います。極稀に恋人がいるのにこの線が見当たらないという場合もあるようですが、そういう方の場合は得てして代わりに結婚線が深く刻まれていたり、何処かでこれを補う相が出ているものです。

冒頭に書いた通り、この線の特性からチェックは非常に容易となっています。
毎日しっかりと確認する癖をつけておくことで、折角のチャンスを逃さず、こう言っては無粋ですが、効率の良い恋愛を楽しむことが可能となります。応用方法としては、魅力的な異性と出会ったときにここを確認することで、その異性が恋愛候補として相応しいかどうかを見定めることも出来ますね。

ちなみにこの線は、出現からしばらくすると勝手に消えてしまうことも多いようです。

線が出現してからすぐに理想的な異性と出会うことが出来た場合でもやはりいつしか消えてしまうのですが、だからと言って別にその出会いに悪影響があるわけではありませんのでご安心ください。むしろずっとこの線が出ている人は、それだけ出会いの契機が多いことの表れ。

いつまでもこの手相が残っているという方は、出会いに恵まれている一方で誘惑にも絶えず悩まされる人物ということでもあり、そのため気苦労も少なくないようです。

今回のまとめ

今回はあまり難しくない、誰もが確認に手間取らない恋愛についての手相鑑定方法をご紹介いたしました。感情線の上向きの分岐は恋愛の大チャンス! これだけ覚えておけば、もう恋愛の機会を逃すこともないでしょう。

「掌のシワで何が分かるのか」という意見もありますが、どういうわけか手相はしっかりと鑑定することで近い未来の出来事について的中させてしまうもの。そもそも手相鑑定とは今から5000年ほど前にインドで発祥し、それが世界中に伝播し、特に中国ではさらに細分化して発展したということですが、それだけ長い歴史を持つ占いですから、多少はその効果を信じてみても悪くはないのではないでしょうか?

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング