500人に聞いた! 異性間の友情は本当に成り立つのか“ある事実”が判明

恋学 / 2014年7月6日 6時8分

男女の永遠のテーマであるひとつ、異性間の友情は成り立つのか否か。この手の話題が持ち上がると、友情が成り立つ派と成り立たない派と、真っ向から意見が分かれますよね。

たとえば成り立つ派は、実際に異性の友人が多いのか。相手が異性でも、とりあえず友達としてお互いの距離を縮めようとするタイプなのかも。

反対に成り立たない派は、どんなに仲が良くても男性と女性である以上、初めから異性として相手を見てしまう。それこそ恋愛感情が生まれることを意識してしまうのかもしれません。

ふたりの関係性にもよるので一概には言えませんが、今回大人の恋活・婚活を応援する恋愛サイト・恋学が行ったアンケート調査で、なにやら「男女間の友情は本当に成り立つのか否か」の謎がいよいよ解明されたよう。さっそくご紹介します。

20140706

あなたどう?約8割の男女が「異性の友達がいる」と回答!

2014070601

まず株式会社リンクバルが20〜30代の男女、街コン参加者500人に「異性の友人に関する調査」を行いました。そのうち、「異性の友人はいますか?」と聞いたところ、「いる」と答えた男性は84.8%。「いる」と答えた女性は82.2%でした。

割合としては男女差にこれといった違いは見られないようですね。いずれも約8割以上の男女が「異性の友達がいる」ことが判明。社会人にもなれば、職場やサークルで異性と関わる機会がたくさん出てくるので、これは納得の結果と言えそうです。

男性と女性で違う“異性間の友情”の意識って?

問題はこちらのアンケート結果です。というのも、「いる」と答えた同男女に「それは真の友情だと思う?」と質問したところ、「真の友情だと思う」と答えた男性は50.5%。一方、女性で「真の友情だと思う」と答えた人は70.7%に上りました。

201407060

これはなかなか驚きの結果ですよね。女性の約7割が「異性間の友情は本物」と考えているなかで、そう考える男性は約5割に留まります。実際、女友達に対して「恋人未満の相手」と答える男性は20.7%、「秘めた気持ちがどちらかにある」と答えた男性も10.6%いるよう。

比べて女性は、男友達に対して「恋人未満の相手」と答えた人は14.1%。「秘めた気持ちがどちらかにある」と答えた女性も5.4%と、いずれも男性より低めでした。

すなわち男性の方が異性の友人に対して、なにかしらの期待を抱いている確率が女性よりも高いということ。男女間の友情が成り立つか否かも、男性の方が意見をもの申す人が多いのかもしれません。

期待している男性がいる以上、男友達への恋は諦めちゃいけない!

これらの結果は、女性にとって大きなチャンスと言えそうですね。男性の方が友達と思っていても恋を期待している可能性が高いので、いま気になる彼との関係がたとえ友人でも、今後恋に進展するケースは大いに出てくるかも。

「友達だから」と片思いを諦めていた女性も、諦めずにアプローチをする姿勢が大事になってきそうです。無闇矢鱈にアプローチするのも空振りしてしまうので、気ままに彼の琴線に触れる心の余裕を持つのも、大事なアプローチのひとつになるかもしれませんね。

【情報提供】
◆恋を学ぶ情報サイト「恋学」
◆調査時期:5/24~6/9
◆調査対象:20代30代の街コン参加者男女
◆調査数:合計500名(男性247名、女性253名)
◆調査方法:紙アンケート

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング