プロって言わないから! 男性が「ぜひやってほしい」前戯4パターン

恋学 / 2014年8月7日 15時22分

あまりにスゴいテクを駆使しちゃえば「君、どこでアルバイトしてるの?」と疑いたくなるのが男性心理というものです。それでもスゴくないテクより、スゴいテクの女子とエッチしたいのが男。

今回は、男性が「ぜひやってほしい」前戯4パターンをご紹介したいと思います。さっそく見ていきましょう。

07

1:3点責め

「乳首2つと竿で3点ですが、3点責めはぜひお願いしたいです」(22歳・大学生)

男子の乳首は果たして感じるのか? という議論がときどきネット上に出てきますが、AVを見ていると感じる男優さんも多いので、感じるんだと思います。あるいは「開発されることで」感じるのではないでしょうか。

2:亀さんコネコネ

「竿を上下にシゴくだけって、あまり感じないんですよね。それより亀頭をコネコネされたほうが断然気持ちいいです」(25歳・広告)

こういうプレイはローションとか唾液、我慢汁をうまく使ってやったほうがいいですよね。亀さんって、意外とデリケートなので。

3:寸止め海峡

「3点責めとか亀さんコネコネなどの前戯で、なにが気持ちいいかと言えば、逝きそうになったときに寸止めされて逝くのを我慢させられることだったりします。寸止め海峡最高!」(24歳・大学生)

これこそちょっとプロっぽい男子の意見かもしれませんが、あながち間違いでもないように思います。

4:素股

「素股っていいですよね~」(27歳・IT)

え~と、素股というのは、女子のお股のところに男子の竿を挟んで……という説明でわからないかたはググってみてください。男子的にはパイズリ並みに気持ちいいそうです。パイズリとは、おっぱいの間に……これもわからない女子はググってみてください。

いかがでしたか?
たかが前戯、されど前戯です。前戯は女子が気持ちよくなるものと思っている女子も多いかと思いますが、前戯で男子を気持ちよくさせておくと、あとからスゴいご褒美が出てくることが多いので、男って不思議です。

Photo by Pinterest

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング