鈍感オトコでも絶対気づく!さりげない「結婚アピール」テクニック

恋学 / 2014年8月18日 13時0分

付き合いは長いけど、一度も“結婚”の話をしたことがない……。「一体いつになったらプロポーズしてくれるの」と焦りを感じたことはありませんか? 実は「結婚はタイミングでしょ!」と語る既婚男性がいるのも事実! もしかすると、婚期が遅れているのは“きっかけ”がないだけかもしれませんよ。

そこで今回は『gooランキング』の「恋人にしたことがある結婚のアピールランキング」を参考に、さりげない結婚アピールテクニックをご紹介します。

20140818

1:共通の友人の結婚報告をする

「○○ちゃん結婚したんだって!」「結婚式ステキだったよ」と共通の友人の結婚報告をされると、男性は「そろそろオレの番かな…!?」とやっぱり焦るもの。ストレートに「結婚しよう」と伝えるよりも、効果があるかもしれませんね。ただしアピールしすぎると、カレが妙なプレッシャーを感じてしまうので使い方にはご注意を!

2:カレの前で「結婚情報」をさりげなくチェックする

ちょっと暇つぶしに入った本屋さんで「結婚情報誌」をチェックしている姿を見せたり、ウエディングドレスのカタログが家にあったり…。さりげなく「結婚」の2文字をチラつかせてみるのも1つの手段。付き合いの長い男性ほど、「いい加減プロポーズしないとな…」と改めて結婚を意識するはずですよ。

3:「家庭」「子ども」ネタで結婚の良さを伝える

テレビを観ながら「こんな旦那さんステキ!」と伝えたり、街で出会った赤ちゃんに微笑みながら「かわいいね」とコメントしてみてはいかがですか? 男性の反応で「結婚」への本気度をチェックできますよ。また、2人で憧れの“結婚生活”について語り合えば、どんなに鈍感なカレでも「家庭っていいな…」と思ってくれるはず!?

なかなかプロポーズしてくれない恋人に試してみてはいかがですか? 意外とスムーズに結婚の話が進むかもしれませんよ。

(参考元)
恋人にしたことがある結婚のアピールランキング – gooランキング

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング