褒め上手が恋を制する!? 男性をうまく転がすためのモノの言い方3選

恋学 / 2014年9月4日 7時0分

「男性は単純でわかりやすい」なんて言われることが多いもの。たとえば好きな人から「◯◯さんってすごいね!」と言われると、お世辞とはわかっていても嬉しくなったり。

「◯◯さんのそういうところ好きです」と言われると、妙にドキドキして相手のことが気になるようになったりと……。どうやら男性は、プライドをくすぶられる言葉に弱いのかもしれませんね。

それは女性でいうところの「キレイ」「可愛い」という、褒め言葉に弱いのと似ているかも。そこで今回は恋愛中に役立てたい、男性を気分良くさせる物言いについて迫ってみましたので、ご紹介します。

20140904おと

その1:彼に共感してあげる

ドライブデートで道に迷ったとき。見ている側もつい心配になって、「こっちの道なんじゃない?」と口を挟んでしまうことってありませんか? 彼なりに一生懸命探してくれるけど、居ても立っても居られない女子は少なくないはず。

とはいえ、「だから言ったじゃん」と彼が道に迷ったことを指摘するような言い方だけは、極力しないであげましょう。男性によっては「俺って情けないな……」「(イラッ)わかってるよ」と、彼なりのプライドを傷つけてしまいかねません。

こういうときは、「ナビだとこう表示されてるのね」「私もスマホで調べてみていい?」と男性の行動に対して共感してあげると、彼もホッと胸を撫で下ろすはず。気配り上手な女子として、あなたの評価もグッと上がるはずです。

その2:彼の努力を認めてあげる

彼が仕事のことで悩んでいるとき、愚痴を聞いてあげる女子も多いのでは?一説によると、女性は話に共感されたい傾向にあり、男性は話に解決策を求める傾向にあるのだそう。

もし彼が結論を急ぎ過ぎていると感じたら、「◯◯はよく頑張っていると思うよ」と、まずは彼の努力を認めてあげましょう。

そして、「そういうことができる人ってなかなかいないよ」「辛いと思うのは一生懸命頑張っているからじゃない?」と、男性としてのプライドを守りながら励ましてあげるのです。

すると、彼も「そうかな?」と徐々に自信をつけ始め、あなたの存在に感謝するはず。普段、彼の話を「あ〜、はいはい」と聞き流しがちな女子は、ぜひ実践してみては?

その3:特別感を出す

関係が上手くいっているカップルは、それだけ相手に心を開いているものです。ですが、どんなに仲のいいカップルも、初めから相手に信頼を寄せていたわけではありませんよね。

そこで少しでも気になる人がいたなら、「◯◯さんと一緒にいると気が楽です」といった特別感を出してあげると、男性もあなたに対して親近感を抱きやすいはずです。

悩みを相談するときも「こんなこと話せるの◯◯さんしかいないから」と、オンリーワンな物言いに気をつけてみて。ただし、あくまでもポーズではなく、本心があってこその発言であることが大切ですよ。

物言い上手は彼の人柄をよく知ることから

いかがでしたか。男性の性格によっては、これら言葉の受け取り方も大きく変わるかもしれません。彼が日頃どんな話題に興味を持って、どんな悩みを抱えているのか。注意深く観察することも、物言い上手になるための第一歩になるのではないでしょうか。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング