喧嘩別れにならない!もっと愛し合うための正しい喧嘩の仕方って?

恋学 / 2014年10月2日 10時0分

喧嘩にも「正しい喧嘩」があることをご存じですか?  喧嘩の仕方が悪いばかりに、別れの原因になってしまったり、相手を傷つけるだけで終わってしまうこともあります。

今回は、もっと愛し合うために知っておきたい「正しい喧嘩」の仕方をご紹介します。

喧嘩別れにならない!もっと愛し合うための正しい喧嘩の仕方って?

1、感情的にならない

女性であれば、生理前や生理中はホルモンの影響でイライラしやすくなるもの。そんなときに彼氏の嫌なところが目につき、爆発しても嫌な喧嘩で終わってしまいます。

喧嘩をする時に大切なのは、感情的にならないこと。「あ、いま感情的になっているな」と感じたら、その気持ちが冷めるまで喧嘩をしないほうがいいことも。感情的になって、喧嘩をはじめても、冷静に話し合いをするのは難しいでしょう。

2、相手の意見を聞く

自分から喧嘩をはじめるときは、自分の主張を相手に突き通したいことがあって起こるパターンが多いですよね。彼も「ごめん」と謝ってくれればいいのに、譲れないことがあると意見を主張するものです。

そんなときには、一度落ち着いて相手の意見に耳を傾けてあげましょう。喧嘩はお互いを理解するためのコミュニケーションです。一方的にならないように注意してみてくださいね。

3、勝ち負けにこだわらない

喧嘩をするのは、相手を打ち負かすためではないはずです。それなのに、一度喧嘩をはじめると、「どちらが先に謝るのか」といった勝ち負けにこだわってしまう人もいるでしょう。しかし、そんな子供じみた喧嘩をしても、2人の関係にヒビが入ってしまうだけ。

まずは冷静になり、相手の意見を聞きながら話し合いを進めていきましょう。そして、自分に非があると感じたら「あなたがそんな風に考えているとは知らなった、怒ってしまってごめんなさい。」と先に謝れる女性のほうが強いものです。

喧嘩の仕方1つでも、女性の品格が見えてしまいます。今まで長いこと交際が続かなかったという人は、もしかしたら喧嘩の仕方に問題があったのかもしれません。今回ご紹介した3つのポイントを参考にして、正しい喧嘩ができるように努力してみてくださいね。

恋学コラム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング