意中の男性との距離を一気に縮めたい女性は「卓球デート」へ

恋学 / 2014年10月12日 1時54分

毎年、10月の第2土曜日は「体育の日」です。今年は13日ですね。現代人の健康意識が高まっている影響か、スポーツに関心が高まっている昨今、体育を通して、男性との距離感を縮める方法について考えてみましょう。

20141012

発展性が期待できる卓球デート

ウェアや道具がなくとも楽しめるスポーツは沢山あります。例えば卓球! ほかのスポーツに比べて「お手軽感」が強いので、比較的敷居が低いといえるでしょう。

そして! 卓球デート最大のメリットといったら、なんといっても「温泉デートへの誘導」です。卓球と聞くと温泉を連想する人も多いでしょう。逆に、温泉と聞くと卓球を連想する人も多いはず。それだけ、卓球と温泉は切っても切り離せない強い絆(!?)で結ばれているのです。

正直なところ、実際に卓球台を置いている温泉宿って減ってきているような気もしますが、そんなことはどうでもいいのです! 肝心なのは、

1.近場で卓球デートを楽しむ
2.「そういえば、卓球といえば温泉だよね」と、しれっと温泉旅行に行きたい意向を示す
3.後日、温泉旅行をする仲に……夜は当然……ムフフ

以上の段取りを踏むことが真の目的であります。
意中の男性と一気に深い仲を目指すなら、まずは卓球デートへGO!です。

対戦が不安ならバッティングセンターへ

卓球に限らずですが、運動が苦手な女性にとっては、いかにデート内のお遊びとはいえ、男性とスポーツで対戦することに対して抵抗があるかもしれませんね。そこでオススメなのがバッティングセンターです。バッティングセンターなら、対戦すべき相手はピッチングマシンなのですから、「私がヘタクソだから、男性がつまらないかも」という不安が湧くことはないでしょう。

また、太いバッドを握った後は、男性の太いアレも握りたくなる衝動が湧いてくるでしょうから、自身の性欲を内側から高める効果も期待できます。

ゴルフ慣れしている男性なら打ちっぱなしデート

もしくは、圧倒的に技術の差があるようなスポーツをセレクトするのもアリ。相手男性が、接待ゴルフに行き慣れているタイプなら、打ちっぱなしデートもアリでしょう。

背後から覆い被さられるようにして手とり足とりレクチャーを受けているうちに、立ちバックで挿入されたい衝動が湧いてくるでしょうから、自身の性欲を内側から高める効果も期待できます。

どうしても運動が苦手なら観戦デートへ

対戦形式でなくとも、運動が苦手で、バッティングセンターもゴルフの打ちっぱなしも気乗りしない女性もいるかと存じます。では、観るほうに的を絞りましょう。スポーツ観戦です。

野球やサッカーだけがスポーツ観戦ではありません。個人的には格闘技を推奨します。熱い格闘を観ているうちに、ベッドの上でプロレスしたくなる衝動が湧いてくるでしょうから、こちらも自身の性欲を内側から高める効果も期待できます。

一番盛り上がるのは……

最後に、忘れてはいけない運動といったら、やはり「ピストン運動」です。どんなスポーツよりも盛り上がること間違いなし! 体育の日は、ピストン運動をおねだりしちゃいましょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング