恋のシャンパンタワー 東京オリンピックまでには身につけたい恋のおもてなし修行

恋学 / 2014年11月6日 1時46分

「おもてなし」、東京オリンピック招致の演説をきっかけに世界中にキーワードとして広まっています。おもてなしの道は仏の道に通ず、とも言いますが、お釈迦様の慈悲・布施の精神を共通するコンセプトだと思います。
今回はこのおもてなしを恋愛に活かすヒントをお伝えします。さあ、今回もお釈迦様(ブッダとも呼ばれます)の教え・智慧を恋愛に取り入れて、釈迦女子(しゃかじょし)を目指しましょう。

恋ほどおもてなし精神が大切なものはない!?

2014100503

おもてなし、というのは、相手を喜ばせるために献身するという側面があります。
一方、恋愛は好きな相手のために、手を返品を変え、時には自身の心も変えて尽くすという側面があります。
相手の気持ちを考えずに自分のことばかり一方的に押し付けていると、知らず知らずの内に離れていってしまいます。見方を変えれば、あなたの魅力がどんどん下がっていきます。
恋愛ほどおもてなしの精神が求められるものはないのかもしれませんね。

無財の七施

以前の記事で、お釈迦様の教えの1つに無財の七施というものがあることをお伝え致しました。お金やプレゼントがなくても、相手に幸せを届けることができる。
笑顔、感謝の言葉、褒める、気持ちを込めて握手をする等ちょっとしたあなたの「おもてなしの心を相手にこぼす」という小さな行動がとても大切になります。
相手を思いやる心、幸せを願う心、お釈迦様の言葉を借りれた「慈悲」の心を恋愛でもしっかりと持ち続ける、これは恋愛を「幸せいっぱいのスパイラル」にするために必須のスキルです。

2014100501

恋のシャンパンタワー

シャンパンタワーというのをご存知ですか?
上のシャンパンに対して注いでいき、それがこぼれて次のグラスへ、またそこからこぼれて次のグラスへと注いだものが流れていきます。
恋愛でもこの動きが非常に大切です。あなたが相手へ優しさ、思いやり、おもてなしの心をこぼす、そして、それが溢れたとき、相手から友人、家族など大切な人に同じようにこぼれていく、、、、周りにいるひとすべての心におもてなしの精神がこぼれていくのです。

自分だけではなく、恋人も大切な人にも、おもてなしの心が広がっていく、そんな恋のシャンパンタワー、とても素敵だと思いませんか?
最初に注ぐのはもちろんあなた。
さあ、さっそくあなたの恋のシャンパンタワーを始めましょう。

2014100502

また次回お会いしましょう。

合掌

Facebookいいね!, Twitterでのツイートなど大歓迎です☆

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング