モテる女子がひそかにやっている4つの努力

恋学 / 2014年10月29日 10時56分

モテようと思えば、まず男性に出会わなければモテませんよね。男性に出会おうと思えば、時間もかかれば、多少のお金もかかります。

今回はわりとよくモテている何人かの女子に、どういう努力をしているのか、についてお話をお聞きしてきました。

さっそくご紹介しましょう。

05

1:満月の日に好きな男性のことを想う

「満月の日に、気になる男性のことを想うと、電話やメールが来ることがあります。これ、意外と効果大です」(24歳・電鉄会社の派遣OL)

満月の日に限らず、気になる相手のことを1日1回想うだけで、相手と予定が合って、急にご飯に行くことになった……みたいな話はよくある話です。「想う=意識する」というのは、意外と大事なことです。

2:残業が少ない仕事を選ぶ

「合コンなどの誘いに必ず参加したいので、私は残業が少ない会社でしか働きません」(23歳・エステティシャン)

これもわりとよく「モテる女子」から聞く話です。残業が少ない会社を選ぼうとすると選択肢が少なくなりますが、それでもそうする、というところに、ちょっとした「努力」を感じます。

3:やりたくないことは絶対にやらない

「私は朝の満員電車が嫌いなので、絶対に昼から出勤できる仕事を選びます」(27歳・エステティシャン)

これが「モテ」とどう関係があるのか? やりたくないことをやらないだけで、生きていくうえでストレスがすごく少なくなって、男性から見ると「輝いている女子」的に見えるのだそうです。男性はどこまでいっても「不自由な生き物」なので、そう感じるのではないかと思います。男で満員電車が嫌いといっても、なかなか現実的にねえ……ということです。

4:短時間睡眠

「モテようと思うと、どうしても夜遅くまで出歩くことになってしまったりしますよね。私は2時間睡眠でどうにか生きていけるテクニックを持ちました」(23歳・大学生)

モテようと思えば、出歩くことになる。時間もかかるし、お金もかかる。アルバイトをしないといけない……そんなこんなで「起きている時間を無理にでも増やしてモテる私をつくる」。これもモテ女の涙ぐましい努力のひとつに認定です。

 

おわりに

いかがでしたか?

実際、いろんなモテ女に会ってお話をお聞きしていると、みなさんそれぞれに努力をしているのがわかります。オリンピック選手は「練習は裏切らない」と言いますが、モテ女は「努力は裏切らない」と言っています。モテるのも大変ってことでしょうか。

Photo by Pinterest

shou狩り女子png

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング