正直なところ「実家暮らし女子」を男性はどう見ている?

恋学 / 2014年11月4日 1時40分

婚活女子は一般的に、実家暮らしの男性を警戒するといいます。一人暮らしの経験がないと、ゴミ捨てや片付けなど簡単な家事すらできないんじゃないかとか、「自分が働いたお金で生計を立てる」ということができなさそう、などと不安要素があると見られるようです。

では逆に、実家暮らしをしている女性は、男性の目にどう映るんでしょうか? 結婚適齢期の男性はもちろん、恋活男性はどんな見方をするのか、詳しく見ていこうと思います。

20141102

マイナスイメージ:すごく好ましいわけではない

やっぱり……実家住まいが長いと、何でもかんでも「お母さん任せ」「お父さん頼み」になってしまうので、料理や掃除が下手そう、自分自身をきちんと管理できなそう、などと悪いイメージを持たれやすいようです。

特に、実家住まいをしているにもかかわらず、日常会話で母親・父親に対する愚痴が多かったりすると、男性は「だったら、一人暮らしすればいいのに。行動力がない子なんだな」「色々してもらってるくせに文句ばっか言って、感謝のない人だ」などと感じてしまいます。

実家住まいの女性はおおむね、服装がこぎれいで持ち物にも気が遣われていると、外見の印象は良いことが多いです。洋服がシワだらけだとか、ハンカチを持っていない、などということがまずありません。ただそれを、「お母さんがやってくれてるんだろうな」と見る男性も少なくないようです。

鋭い目を持つ男性は、「実家住まいのお弁当女子」がやたらと美味しそうなお弁当を毎日持ってくる場合、母親が作ってるのでは? と疑うんだとか。

プラスイメージ1:両親との関係が良好だと「親思いでやさしい子」と感じる

実家住まいをすることに確固たる理由がある場合、親元で暮らす女性に悪い印象を抱く男性は少ないといえます。

20代後半の後輩女子に、母親と娘一人でずっと生きてきたため、「お母さんのことは私が守らなければいけない」という意識が強い子がいます。彼女は社会人になって一度は一人暮らしをしたものの、やっぱり心配で実家に帰ったそうです。

そういうタイプの女性は責任感があって、親思いと思われるのは当然のこと、家族を気遣って夜遊びや外泊はまずしないだろうから、身持ちが固く真面目だとも思われるはず。

結婚相手としては理想的ですし、恋人としても求められやすいでしょう。

プラスイメージ2:しっかり貯金してそう、と期待する

実家住まい女子に対して、男性は少なからず「家賃や光熱費がかからない生活をしているのだから、貯金しているはず」と考えるようです。しかも、ブランド好きいうわけでもなく、派手に遊んでいる様子もうかがえない場合、金銭感覚がちゃんとしていて真面目に貯金ができる人だと期待します。

ただ、この場合「結婚するなら、しっかり者の女性がいい」と考えるまともな男性と、お金目当てのよこしま男性がいますので、そこの見極めだけはきちんとしましょう。

今回のまとめ

結局のところ、何を目的として実家住まいを続けているのか、という点で、男性は実家暮らしの女性を見極めています。

また、家のことを思って実家からあえて離れないという理由がある場合、男性はプラスイメージを抱いて、奥さんにしたいとか恋人にしたいなどと考えます。

もしあなたが、実家住まいが長く、恋人もしばらくいない状態が続いているなら、自分が実家に住み続ける理由を冷静に考えてみてもいいかもしれません。

また、この時、男性に好印象を与えるべき理由があるなら、それを自分のアピールポイントとするべきでしょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング