解禁! 恋の魔法の道具箱シリーズ 彼との喧嘩を無くすたった3つの方法

恋学 / 2014年11月19日 15時0分

喧嘩別れ、、、ほど大好きになった人との付き合い方としてはとても残念なものですよね。しかし、以前から記事でお伝えしているように「どこまでいっても他人」です。あなた自身ではありませんから、自分勝手なことばかりしていると、どうしても衝突が起きます。

いろいろな恋の相談を受ける中で、私が編み出した「恋の魔法の道具箱」の中から有用なものをいくつかお伝えしようと思います。
さあ、今回もお釈迦様(ブッダとも呼ばれます)の教え・智慧を恋愛に取り入れて、釈迦女子(しゃかじょし)を目指しましょう。

実は煩悩についての理解がポイント

11201

さて、仏教では「人の中に潜む人生に悪い影響を与える気持ち」を煩悩(ぼんのう)と呼びます。そして、記事で何度かお伝えしていますように、その中でも「猛毒」足り得るものを3つ定義しています。

実は喧嘩を少なくしたり、大好きな人との衝突を減らすということと、この煩悩について理解するということはつながっています。

智慧があれば喧嘩も減る

煩悩の中で特に猛毒なものの内、喧嘩にも共通する、イメージしやすいのは「怒り」です。怒りは判断力を曇らせ、相手の怒りを増長させ、結果としてあなたと彼のどちらかが倒れてしまいます。場合によっては共倒れになってしまい、恋の焼け野原に二人共力尽きて横たわってしまうかもしれません。。。

実は釈迦女子としては、もう一歩踏み込んで煩悩を理解する必要があります。
「煩悩の中で最強・最恐」と言われているものがあります。
それは 「無明」(むみょう)というものです。
簡単に言うと 「正しい智慧が無いので、暗闇(明りが無い=無明)の中にいて、不要な衝突を繰り返してしまう」ことです。恋愛も実は同じで、正しい智慧があれば、喧嘩含めて衝突はあなた自身で減らすことができます。

112002

彼との喧嘩を無くす3つの工夫

さて、今回は魔法の道具箱から3つ、喧嘩を無くし無明から解き放たれるためのヒントをお伝えします。たった3つ、簡単です。

1.携帯を共通にする
⇒なかなか実践している方が少ないのですが、情報源を1つにしてしまえば、隠し事でもめたりしなくなります。実はLINEやFacebookに時間を使いすぎている方が多く、直接のコミュニケーションが減っていることで、不要な誤解を生んでいるケースも良くあります。

それから、「不便だ」と感じることがあるかもしれませんが、それもとても良いことです。「相手を束縛する」というのは簡単ですが「束縛された気持ちを共有する」ことは中々できません。ぜひ、「不便だからここまでギューギューにお互いやらなくても良いのね」という答えにたどり着いたら、携帯は別々に持つようにしましょう。

2.「担当」制を導入する
⇒「今年の誕生日は私が段取り、来年はあなたね。」
 「今年の旅行の計画はあなた、来年は私ね。」といったように、予め担当を決めましょう。可能であれば、「期待を超えるサプライズ」をしてくれた場合は、ご褒美をあげるというルールも追加してはどうでしょう? こうすれば誕生日や記念日を忘れたり、なーなーで終わってしまい、衝突することも減ります。

3.「必ず会ったら言う言葉」一覧を作成する
⇒デートの始まりは「ありがとう。会えて嬉しい。」、終わりは「さみしいけど、本当に楽しかった。ありがとう。」というように、彼と会う度に必ず伝える言葉を作成しましょう。彼にも作成させてくださいね。

お互い見せ合う必要はないです。相手に対して感謝するというところが重要です。

 

どれか1つでも良いからまずは行動に移してみましょう。
何ごとも初めの1歩が大切です。

1120

また次回お会いしましょう。

合掌

Facebookいいね!, Twitterでのツイートなど大歓迎です☆

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング