負のオーラばら撒いてない?彼氏ができない女子のマイナス行動3つ

恋学 / 2014年11月26日 7時0分

恋はしたいのに、なかなか彼氏ができなくて悩んでいる女子は多いはず。仕事もちゃんと頑張っていて、見た目もそんなに悪くないのにどうして……?

そんな疑問を抱えている女性がいたなら、もしかしたら彼ができないのはあなたが知らず知らずのうちに取っている行動が原因かもしれませんよ。

 1126

不平不満を言うのが癖

男性は見てないようで、女性のことを密かにチェックしています。たとえばデート中、彼女が楽しんでくれているかどうか。リードする側だからこそ、彼女の反応が気になる男性は多いようです。

嬉しそうに楽しんでくれていたら、男性は居心地の良さを感じて、次のデートにも誘いたくなるもの。

でも、「ここのお店イマイチだね」「料理、美味しくない……」などと不平不満ばかりを口にしていたら、いくら好きな人が相手とはいえ男性も反応に困ってしまいます。

それは普段の行動もまったく同じ。愚痴ばかり、マイナスなことばかりを言うような相手と、男性は自分から話したいと思わないものです。難しく考える必要はないので、まずは相槌上手、リアクション上手を目指して、彼の話を盛り上げてあげて。

会話が盛り上がれば、男性はあなたを異性として意識し、「あわよくば」と恋するタイミングを狙いに来るかもしれませんよ。

いつも無愛想

「男は度胸、女は愛嬌」とよく言いますが、それだけ愛嬌のある女性は男性を惹き付けるのも上手です。

男性は女性が考えているよりも分かりやすく単純な生き物なので、気になる女性に笑顔を向けられたら「ひょっとして俺のこと好きじゃんじゃ……?」と勘違いしてしまうほど。

「え、たったそれだけで?」と呆れてしまうかもしれませんが、それだけ男性は女性の笑顔に弱いと覚えておきましょう。対していつも無愛想で滅多に笑顔を見たことのない女性は、男性もどう声をかけていいのか分からないもの。

一切の言葉を交わさずとも、ニコッと微笑むだけで男性はあなたに好感を持ちます。出会いを惹き付ける方法として、これ以上に簡単なテクニックはないので、ぜひ笑顔が欠けてしまっている女性は、日頃から意識するよう心掛けてみて。

下ネタに照れがない

年齢が若いうちは、男性から下ネタを振られて困ってしまう女子も多いのでは? でも、男性はそんな女子を見て楽しんでいるので、わざわざ下ネタを克服する必要はありません。

問題なのは下ネタに慣れてしまってノリノリで答えたり、平気で男性の前で下ネタを言うようになってしまうことです。男性は基本的に女性にはいつまでも「純粋にキレイでいて欲しい」と思うもの。

たとえそれがポーズだと分かっていても、男性は女性らしい女性を好き好みます。「もうそういう歳じゃないから」と女性を捨てず、普段から男勝りなっている女性は、さり気ない行動にも女性らしさを持ちたいですね。

女性らしさが恋を作る

女性は「可愛らしさ」「愛らしさ」「女性らしさ」で出来ている、とはよく言ったもの。それがひとつでもなくなってしまうと、恋ができる確率は格段になってしまいます。心当たりのある女子は、普段の自分を今日からでも見直してみてくださいね。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング