男子が「好きな人にしか見せない」賢者タイムの言動4選

恋学 / 2014年11月26日 13時14分

男子はわりと「ダーっとイって、ぱたっと倒れる」生き物だったりします。始発まで意中の女子を口説き倒したあと、電車のなかで寝ている男子って、ときどき見かけませんか?

エッチにおいても、男子はダーッとイって、ぱたっと寝たりします。が、本当に好きな女子が隣にいれば、いろんなことをしてくれます。

今回は何人かの男子に「好きな人にしか見せない」賢者タイムの言動についてお話をお聞きしてきました。

さっそくご紹介しましょう!

05

1:手をつなぐ

「本命の彼女に対しては、賢者タイムのとき、ぼくは手をつないでいます。ベッドに寝て彼女の手をつなぐって、なんかいいですよ」(25歳・IT)

定番かもしれませんが、非常にほほえましいですよね。それにしても手をつなぐって、なぜ愛を感じる行為なのでしょうか。

2:いい子いい子する

「好きな彼女との賢者タイムのとき、ぼくは彼女の頭をいい子いい子しています。好きではない女子って、そもそもエッチが終わるとさっさとシャワールームに行ったりするので、いい子いい子できないんですよ」(27歳・広告)

エッチが終わったあと、すぐにシャワーに行かないで、彼と一緒に時間を過ごしてみると、彼があなたのことをどう思っているのか、わかるかもしれません。いい子いい子してくれたら、彼は「本命の彼女」と思っているのかもしれないですよね。

3:キスをする

「エッチが終わると、男子は気持ちがクールダウンして賢者のごとく冷静になれる、という意味で賢者タイムといっているのだろうと思いますが、本当に好きな彼女に対して、冷静もなにもないですよ。エッチが終わっても熱いキスをしています」(26歳・飲食)

これは正論ですよね。賢者タイムがない男子もいる。なぜなら彼女のことが好きすぎてたまらないから……。正しいご意見ですよね。以下もおなじ男性の証言です。

4:彼女の行動をチラ見し続ける

「賢者タイムに彼女が洋服を着るとか、髪の毛をセットするとか、そういう彼女の行動をチラ見します。大好きな彼女がどんな行動をとっているのかって、観察したいですから」(同上)

男の著者としては一理あるなと思いますが、女子のみなさん、いかがでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?
賢者タイムに彼の言動がそっけなかったら、私はただの遊び相手かも……という女子の気持ちから生まれたであろう「賢者タイム」という言葉。大好きな彼女が相手だと、賢者もなにもなく、エッチが終わっても気持ちは萌え(燃え)まくり……というのが、男子の正しい(?)ご意見のようです。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング