クリスマス戦線!彼の予定を勝ち取る必勝法!

恋学 / 2014年12月3日 15時0分

気がづけばもう12月……。 
12月と言えばそう、クリスマスです!!

婚活女性や彼氏を見つけたい女性にとっては、気になる彼とクリスマスを過ごせるかどうかはとても重要になってきますよね。勇気を出して誘っても、断られたら振られたと同じ……。

絶対に負けられない戦いになってくるわけです!

そこで、一年に一度のこの最大ラブイベント、クリスマスの彼の予定を勝ち取る為の必勝法をお教え致します!

1204

その後のリスクを考えて、見合ったプランを立てる

男性も女性も同じなのですが、気になる相手をクリスマスに誘えないのは、「断られたらどうしよう」というリスクを考えてしまうからです。悩む事は当たり前の事です。誰だってそうだと思います。

しかし、

例えば断られた時、同じ職場だと少し…、いや、かなり気まずい思いをしますよね? その場合は、グループでのパーティーを提案してみましょう。それなら断られたとしてもごまかせます。

もし、共通の知人などもそんなにいないのであれば、断られたとしても噂が広まる事はありません。ですからここは頑張って、二人で会う事を提案してみましょう。

確実にクリスマスを勝ち取る為に!!

■友人達とのパーティーの場合
あくまでもこの誘い方は「ラフ」という点がポイントです。すごく張り切ってパーティーを企画しています。という雰囲気を出すと、男性達は「気合いは入りすぎていてそのテンションに乗っかれるかな」とか「なんかめんどくさそう」と無意識に考えてしまいます。

また、「まだ先だし、返事は曖昧でいいか」と思わせてしまい、誘っても微妙な返事が返って来るでしょう。

なので、クリスマスの一週間くらい前になったら誘いましょう。
「クリスマスなにしてるの? ○○達と飲んでるからおいでよ」これくらいの温度感がベストです。途中からの参加もOKくらいにしておけば確実に来てくれるはずです。もしそれでも来なかったら…。今後はもう少し距離を縮める努力をしていきましょう!

■二人っきりの場合
ここで、まず絶対にクリアしておいて欲しい条件があります。
まずは「彼もあなたの事を少し気になっている」という点です。
これは自己判断でも良いですが、なるべく周りの人達の意見も聞いてみてください。なぜならそれくらいこのプランは危険と隣り合わせですから(笑)

もし彼があなたの事を少し気になっている事が分かれば、「クリスマスは何しているの?」とまずは直球を。その後、彼が曖昧に答えたり、「仕事だよ」と答えたら、「そっかー。私も仕事なんだよね。でも一人って言うのも寂しいよね。もしお互い当日何の予定もなかったら飲みに行こうよ」と聞いてみてください。

そう、あれです。
「お互い40歳になっても独身だったら結婚しよう」という、あの有名な、「すごく好きなんだけど今は付き合えないんだよねという気持ちを最大限にロマンチックに伝えてみよう作戦」のクリスマスバージョンです(笑)

誘い方に気楽さも含まれつつ、「もしかしたらこちらも断るかもよ?」というリスクを相手にも感じさせる事が出来ますので、男性は安心せずにドキドキしながら当日を迎える事が出来るでしょう。

忘れてはいけません。
男性は狩人です。クリスマスをだいぶ前から誘ってしまっては、狩人の本能を萎えさせます。大事なのは相手にも「この人と過ごせるのかな?」と寸前までドキドキさせることです!

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング