「すぐイっちゃった…」残念エッチの正しいフォロー方法

恋学 / 2014年12月14日 15時0分

今日は久しぶりにエッチの予感! ドキドキしながら彼のペースに身を任せていたら、あれ…!? 期待していたのに、挿入後すぐに「イッちゃった」なんて残念エッチに終わってしまうことも。

そんなハプニングに遭遇したときのために、今回は「男性への正しいフォロー方法」をご紹介します。

1215

1:「気持ちよかったよ」と伝える

「たとえウソでも『気持ちよかった』と言われるとホッとする」(30代前半)

男性を傷つけないためには、「気持ちよかった」「○○君って上手ね」と、とにかくエッチを褒めることが大切です。「前戯だけでイキそうになっちゃった」なんてフォローをすれば、落ち込んだ彼を元気づけることができますよ。

2:「もっとキスしたい」と甘える

「エッチの話には触れずに『キスしているだけで幸せ…』と抱きつかれたときは、涙が出るほど嬉しかったね」(30代半ば)

ちょっと落ち込んだ彼に寄り添って、耳元で「キスして」と甘くささやいてみて! あなたの優しさを感じながらも、ドキッとすること間違いなしです。さらに優しいキスを交わしたあとは「キスしているだけで幸せなの」と伝えれば、男性の心のケアは完璧ですよ。

3:「もう○○君ったら~」と冗談を言う

「冗談っぽく責められたら、笑ってスルーできちゃう」(20代前半)

「○○君だけイッてずる~い」「一緒にイキたかったな」と冗談っぽく責めるのもアリ! 男性は笑って「ごめんね」で済ませることができるといいます。ただし、これは信頼関係ができ上がっているカップル限定。付き合いたての頃は避けてくださいね。

今回のまとめ

あなたが思っている以上に、男性はデリケートな生き物。たとえ「もっとしたかったのに」「もう終わりなの?」とガッカリしちゃうエッチでも、本音を口にしないようにご注意を…!

(取材協力)
20~30代の独身男性

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング