出会いは“池袋”にあった!? ファン垂涎の「マクロス☆コン」に潜入!

恋学 / 2014年12月28日 7時0分

ポピュラーなものからマニアックな世界まで、趣味のジャンルは人それぞれ。自分が楽しめればそれでいいとは思いつつも、身近に共通の趣味を持つ人がいればもっと面白いのに……と感じている方も多いのでは? 今回は、人気アニメシリーズ「マクロス」のファンである若い男女が集まった街コンをレポート。趣味嗜好が同じということもあり、始まる前から「マクロス話」で盛り上がっていました!

DSC_0424

ベテランも初心者も楽しく「マクロストーク」を展開!

舞台は、師走の池袋。「マクロスF」の世界観とクロスオーバーした「Cafe&Bar キャラクロ feat.マクロスF」には、マクロス好きの男女約50人が集まりました。店内は、アニメのスペシャル映像が流れていたり、メカの超合金が飾られていたりして、もうマクロス一色。ファンにはたまらない、非日常的な時間を楽しむにはもってこいの空間で“マクロス☆コン”はスタートしました。

DSC_0437

参加者は、好きなキャラクターのドリンクをオーダーして、しばし歓談。何といっても、全員がマクロスファンですから。堅苦しい自己紹介などなくてもすぐに打ち解けられる点が今回の街コンの素敵なところ。自身のマクロスコレクションを披露したり、作品やキャラへの熱い思いを語ったり…、各テーブルでは開始早々から「マクロス談義」に花が咲いていました。参加者にマクロスの魅力を聞いてみたところ・・・

 「かれこれ20年以上追いかけていますけど、メカも好きだしストーリーも面白い」(30代男性)、「まだ、初心者ですけど、先輩に勧められてハマりました。歌が好きです。」(20代女性)、「マクロスの全部がストライク。特に曲がいいんですよ。何度聴いても飽きません」(20代男性)と、それぞれ好きな理由を語ってくれました。

マクロスシリーズの歌が好きだという声が多かったのですが、フリータイムの途中ではそんなファンのハートを鷲掴みするような心憎い演出も。みんなで聴く歌をじゃんけんで勝った男女がルーレットを回して決めるコーナーでは「トライアングラー」という曲を流すことに。お待ちかねのミュージックタイムは、全員ノリノリ。温まりすぎるほど、温まった後に、男性のみが移動する席替えが行われました。

DSC_0474

計2回の席替えの合間には「テーブル対抗クイズ大会」もあり、各チームはマクロスシリーズに関連した問題に挑戦。勝利チームには、キャラクタードリンクのプレゼントが。チームごとに力を合わせて解答していくことでより関係が深まり、会話も弾んでいる様子でした。

DSC_0469

「マクロス☆コン」を経て、将来は「マクロス“婚”」もある……かも!?

そして、終盤には豪華景品が当たる「大抽選会」イベントを開催。“娘娘(にゃんにゃん)じゃんけん”の勝者は、マクロスシリーズを手掛けた河森正治監督のサインが入ったオリジナルポスター、プレミアムフィギュアセットなどの貴重なグッズがもらえるとあって、会場は異様な熱気に包まれていました。

DSC_0461

激戦の末、見事フィギュアセットを手に入れたのは、マクロスファン歴1~2年の女性。

「まさかもらえるとは思ってなかったのですごくうれしいです。いい記念になりました。フィギュアはもちろん、部屋に飾ります! でも、ケースからは出さないかも(笑)」と、喜びのコメントを。他のファンからも「よかったね」「おめでとう」「いいなぁ~」と、祝福の言葉と羨望の眼差しが(笑)。とても温かい雰囲気の中で行われてきた“マクロス☆コン”も、いよいよフィナーレ。

ラストは、敵と戦うマクロスを応援するべく、みんなで歌を歌う企画で大盛り上り。見事、敵を撃破し、清々しい気分で店を後にした……って、街コンなのに全然男女の“出会い感”がないのでは? とお思いでしょうが、ご安心を。「好きなものが同じ」というキーワードで親密度がアップしている参加者たちがこのまますぐ帰るはずはありません! 早くも二次会の店を予約した人、どこに行くか歩きながら決めようと盛り上がっているグループなど、マクロス話に興じるだけではなく、皆さんしっかりと出会いのチャンスをモノにしていました。今回の“マクロス☆コン”をきっかけにカップルが何組か生まれて、ゆくゆくは「マクロス婚」に発展する可能性があるかもしれませんよ!

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング