初デートは●●、2回目はショッピング、3回目はTDLが理想的なワケ

恋学 / 2015年1月5日 7時16分

ずっと気になっていた彼と初デートのチャンス到来! あなたはどんな計画立てますか?

「緊張してうまく話せなそう…。とりあえず映画を観るかな」
「ふたりっきりになれるドライブに憧れちゃう」
「ちょっと背伸びしてディナーに誘うかも…」

いまのふたりの関係にもよりますが、恋人関係になるにはやっぱり順序が大切。そこで今回は、『ゴリラクリニック 池袋本院』が日本人男女202名を対象に行った「恋愛・出会いに関する男女の本音アンケート調査」を参考に、理想的なデートプランを探ってみましたよ。

0105

1:初デートは「仕事帰り」に食事を!

「まずは軽く食事をして、フィーリングを確かめる」(30代前半)

「気になる相手とのデート!初デート~3度目までの、理想のシチュエーション(場所)は?」と質問したところ、8割以上の男女が初デートは「仕事後に待ち合わせて食事」がイイと回答。軽くお酒を飲みながら、恋愛トークで盛り上がったり、共通の趣味を見つけて次のデートの約束をしたり。緊張してぎこちなかったふたりが、少しずつ近づいていく大切な時間です。あえてあっさりデートで済ませて、相手に「もう一度会いたい」と思わせるのがポイントかも。

2:2回目は「ショッピング」で長時間デートに初挑戦!

「長時間デートをすると、沈黙に耐えられる相手か分かるよね」(30代前半)

続いて半数近くの男女が2回目のデートコースに選んだのは、ランドマークでのショッピング。「どっちが似合う?」なんて聞きながらお互いの好みを探ったり、オシャレなランチやデザートの美味しさを共有したり。初めて過ごす長時間デートでも、話題の尽きない場所を選ぶのがベストです。他愛もない会話を交えながら、ぶらぶら歩くだけで「楽しい」「心地よい」と思えたら、もう交際スタートは間近かも!?

3:3回目は「TDL」で、いつもと違う一面を見つける!

「本当に楽しそうに笑う彼女を見て、ずっと一緒にいたいと思った」(20代後半)

どうしても待ち時間が長くなってしまうディズニーランド。初めは会話が続いていたのに、いつのまにか無言に…。慣れないふたりで行くと、盛り上がりに欠けて、「そろそろ帰ろうか?」と残念な結果になってしまうことがあるので、初デートには不向きだといわれています。でもふたりの関係が出来上がっている3回目なら大丈夫! アトラクション満載の夢の国で、いつもと違ったデートを楽しんでみてはいかがですか? あなたの自然な笑顔に、男性はドキッとすること間違いなしですよ。

今回のまとめ

1回目でフィーリングを確かめ、2回目で一緒にいる楽しさを知り、3回目でいつもと違った一面にドキッとする。メールやLINEのやりとりも必要ですが、デートを重ねて少しずつ距離を縮めることが、交際までの最短ルートのようですね。

(参考元)
恋愛/男女の本音アンケート調査結果 - 東京イセアクリニック/医療法人社団十二会

(取材協力)
20~30代独身男性

 

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング