あなたの喘ぎ声はなんデシベル?男子が明かす「ちょうどいい喘ぎ声」5選

恋学 / 2015年9月5日 15時0分

ラブホテルって、建て直しができないところもいっぱいあるので、今でも昭和30年代並みに壁が薄いところもあります。

そういうラブホに入った女子が、以前「どっかの部屋からめちゃうるさい喘ぎ声が聞こえてきた」と言っていました。ドSの彼とドMの彼女の楽しいエッチみたいだったとも言っていました。

が、まあ、たいていの場合、あまりに喘ぎ声がうるさいというのもど~なの!? と思っているひとが多いのではないかと思います。

そこで今回は、男子にとってちょうどいい喘ぎ声はどんなものなのか? について、何人かの男子にお話をお聞きしてみました。

さっそく見ていきましょう!

08

1:耳元で・・・

「耳元でうふん……みたいな感じで十分です」(27歳・IT)

まあ、よくありがちな「わりと小さめでOK」みたいなことではないかと思います。「『あ』に点々」みたいな、ちょっと一般的な変換では出てこないような喘ぎ声はいらないよん! ってことでしょう。

ときどき「『あ』に点々」という表記を見ますが、あれってどうやって変換しているんですかね?

2:泣いてみる?

「女子の喘ぎ声のなかでも、なんか泣いているみたいな声ってありますよね。あれってすごく好きです」(27歳・コンサル)

ときどきAVでこういう声に出会いますが、こういう女子っていますよね。こういう声が好きな男子もいますよね。

3:声の大きさよりリズムでしょ!

「ぼく、喘ぎ声って、声の大きさじゃないと思うんです。ぼくの呼吸のリズムと、彼女の喘ぎ声のリズムがぴったり一緒になるときって、すごく嬉しいし、やたら興奮するんです」(29歳・飲食)

これは著者も気づきませんでした。新しい見方ではないでしょうか。喘ぎ声は「大きさ」じゃなくて「リズム」が大事だと……なるほど。

そもそも喘ぎ声って、男子がやったことに反応している声ってことですから、声のリズムが一緒になるというのは、きっと男子にとって嬉しいのでしょう。

4:くしゃみするような感じで・・・

「女子の小さなくしゃみってあるじゃないですか? いまなんつった? 的なくしゃみ。ああいう感じの喘ぎ声って、なんか可愛くて好きです」(26歳・建築)

あ~、これは生理的にわかる気がしますが、女子のみなさん、わかりますか?

たとえば職場で小さくくしゃみをするでしょう? そしたら、男子は「この子、エッチのときもこうやって『鳴く』のかな」と思っているってことです。男子、エロすぎ?

5:ため息まじりに・・・

「定番かもしれませんが、ため息まじりみたいな喘ぎ声が好きです」(28歳・広告)

自然と「漏れる」声が理想ってことでしょう。

たとえばお風呂に入ったときに、声が思わず漏れるケース。あれは、無意識の産物だと言われています。つまり筋肉が弛緩したときに、思わず出ちゃうものなんですって!

同様に、エッチのとき、気持ちよすぎて思わず漏れる声。こういうのを最上の喘ぎ声と思っている男子もいるということでしょう。

今回のまとめ

いかがでしたか?

よく「エッチのときに彼女に演技されるのはイヤ」という男子がいますよね。

ということは、男子は女子の「無意識の産物」を見たい・聞きたいと思っているということでしょう。

そもそもカップルで人目を偲んでエッチするというのは、お互いの無意識の部分をさらけ出すから「人目を偲ぶ」わけで、喘ぎ声も知らず知らずのうちに「出ちゃった」ものが、最もいいと男子は思っているのではないかと思います。

それが地下鉄の車内のように、超うるさい80デシベルの声であろうと、ウイスパーの30デシベルの声であろうと、要は「無意識に漏れる声」を、男子は聞きたがっているのではないでしょうか。

ちなみに、ふつうの会話は、60デシベルくらいなんですって。「あ」に点々で、たぶん100デシベルくらいってことでしょうか。ああ。

 

Photo by Thomas Leuthard (改変 gatag.net)

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング