酔っぱらっても「手を出してこない」男子のホンネ4選

恋学 / 2015年10月21日 12時30分

ふたりで酔っぱらったら、意中の彼が手を出してきて、付き合えるようになるんじゃないのか? と思って、がんばって酔っぱらう女子もいるかと思います。

が、酔っても手を出さない男子は出してこないものです。

なぜなのか?

さっそくご紹介しましょう!

03

1:女子の「酔っぱらって口説いてこないで」を100回くらい聞いているから

「ぼく、女子の口から『酔っぱらって口説いてこないで』を100回くらい聞いているから、酔ったら口説かないようにしています」(27歳・IT)

たしかにこういうケースもあるでしょうね。

2:なんかフェアじゃないと感じるから

「酔っぱらって手を出すって、なんかフェアな感じがしないので、イヤなんです。恋愛って、もっとフェアで自由なものでしょう?」(27歳・公務員)

正論というか、なんというか、ま、このとおりですよね。こういうマジメな男子ではつまらないと感じる女子は、以下のような男子を狙ってみるといいかもしれません。

3:酔うとイカないし中折れするから

「酔っぱらってエッチしたことって、いっぱいありますが、酔うとイカないし、中折れしてしまうので、ぼくは酔ったら女子に手を出さないようにしています」(29歳・会社役員)

なかなかカラフルで愉快な人生を送ってこられた男子の証言です。男子、ある年齢に達すると、酔うとイカないし中折れします。おおむね35歳以降(あるいは40歳以降)の男子によく見られるパターンではないかと思いますが、若い男子の「中折れ」も、ままあるみたいです。

酔うとイカない。これは脳の構造から見ると、年齢問わず、多くの男子に共通することらしいです。

4:それが紳士だから(女子は紳士が好きだと思っているから)

「酔っぱらって手を出さない……それが紳士だからです」(27歳・イベント制作)

この男子は「だって、女子って紳士的な男のほうが好きでしょ?」と言っていました。ま、そういうもんですかね?

今回のまとめ

いかがでしたか?

どうしても酔っぱらったときに手を出されたいと切望する女子のみなさんは、「酔っぱらったときの『好き』って、あたし信用するし~」と言ってみるといいかもしれません。

あるいは「中折れしても全然OK!」とか「紳士的な男子より野獣みたいな男子のほうが好き」とか言ってみるといいでしょう。

それですべて決着がつきます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング