令和に復活したスーパーカー消しゴムは超絶リアルだった!

くるまのニュース / 2020年5月24日 8時30分

1970年代に一世を風靡した「スーパーカーブーム」。このブームを少年時代に過ごした人ならば、「スーパーカー消しゴム」を一度は手にしたことがあるだろう。この懐かしいアイテムが、超リアルにランボルギーニ公認アイテムとして、令和の時代に復活を遂げた。

■第1次スーパーカーブーム世代にはおなじみの「スーパーカー消しゴム」とは?

 スーパーカーブームの全盛期は、1976年から1977年までの2年間であった。

 このわずか2年間に子どもたちのまわりに存在する、ありとあらゆるモノがスーパーカー関連グッズに変身していくというムーブメントが起きた。

 スーパーカーブームは、バブル景気の1980年代などにも興っており、この当時のブームは「第1次スーパーカーブーム」と呼ばれている。

 そのような流れのなかで、駄菓子屋の店頭などに置かれたカプセルトイの手動式自動販売機において一回20円でスーパーカーを題材としたカー消し(スーパーカー消しゴム)が販売された。

 1975年から週刊「少年ジャンプ」誌上で連載が開始された池沢さとし氏(現池沢早人師氏)による漫画『サーキットの狼』が爆発的人気を博していた影響もあり、スーパーカーに魅せられた小学生の間でカー消しは一大ブームとなったのだ。

 これらのカー消しは、表向きは消しゴムであるが、実際に消しゴムとしての機能は果たすことができなかった。しかし、消しゴムという名目で、小学生が学校に持っていくことができたのである。

 このカー消しには、ノック式ボールペンを使って、いろいろな遊び方があった。

 簡単なところでいくと、教室の机を相撲の土俵に見立て、順番にボールペンでカー消しを弾き机から落とすという「カー消し相撲」や、机にコースを引いて、レースに見立てた「カー消しレース」などがそうだ。

 あと、机の端からカー消しを一度だけ弾いて、いかに机から落とさずにもう一方の机の端まで距離が近いかを競い合う「カー消しチキンレース」など、小学校によっても遊び方はさまざまだった。

 あれから40年以上が経ち、カー消しはその時代を象徴する懐かしいアイテムとして語られることはあっても、新品の現物が流通することもほぼなくなったため、実際に遊ぶことは叶わなかった。

■これを待っていた! リアルで精巧なランボルギーニのカー消し!!

 しかし、往時の少年が抱いていた憧れや興奮を現代の子どもたちにも届けたいという想いで、スーパーカー消しゴムの新商品をリリースした会社があった。

アウトモビリ・ランボルギーニ公認のスーパーカー消しゴムアウトモビリ・ランボルギーニ公認のスーパーカー消しゴム

 現在、カー消しを新たに作るには、カーメーカーとのライセンス契約が大きなハードルとなっている。

 今回紹介するカー消しは、アウトモビリ・ランボルギーニのお墨付きをもらった、ランボルギーニ・オフィシャル・グッズとして誕生。

 この復刻版のカー消しは「超精密スーパーカー消しゴム」として登場しており、親子で楽しんでもらえるよう、あらかじめボードゲーム仕様となっている。

 気になるラインナップは、ランボルギーニ「イオタ」、「ミウラP400SV」、「ウラッコP250S」、「カウンタックLP400S」、「カウンタック25thアニバーサリー」の5種。

 いずれも独自のエッジや流麗なスタイルを3Dデザインで忠実に再現している。カー消しに色を塗ると実車を想起させる造形美が浮き上がってくるような精密な仕上がりだ。

 かつて清涼飲料水の王冠や牛乳瓶の紙蓋などもカー消しと共に必死で集めていた少年たちも、いまや仕事もプライベートも充実しているアラフィフである。

 イオタ1個+その他のランボルギーニ4個×2セット、もしくは4セットで販売され、カー消しを飛ばす専用ボールペン(別売りのボードゲームに付属)がバネの強度違いで3種類も用意されているランボルギーニ消しゴムは、まさに大人のための「超精密スーパーカー消しゴム」だ。

* * *

●ランボルギーニ消しゴム2

・内容:イオタ1個+ランボルギーニ4台(ミウラP400SV、ウラッコP250S、カウンタックLP400S、カウンタック25thアニバーサリー)×2セット
・価格:7700円(消費税込み)
・限定100セット

●ランボルギーニ消しゴム4

・内容:イオタ1個+ランボルギーニ4台(ミウラP400SV、ウラッコP250S、カウンタックLP400S、カウンタック25thアニバーサリー)×4セット
・価格:1万4300円(消費税込み)
・限定100セット

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング