DSのコンパクトラグジュアリーSUVがEV化! 「DS3 クロスバック E-TENSE」の日本導入が決定

くるまのニュース / 2020年6月25日 8時10分

グループ PSA ジャパンは2020年6月24日、DSオートモビルの電動化を果たしたコンパクトラグジュアリーSUV、「DS3 クロスバック E-TENSE」の日本導入を発表した。

■あたらしい時代のための、あたらしいコンパクトラグジュアリーSUV

 グループ PSA ジャパンから、電動化を果たしたコンパクトラグジュアリーSUV、「DS3 クロスバック E-TENSE」の日本導入が発表された。

 誕生と同時に、コンパクトラグジュアリーSUVという世界を創り上げ、アイコンとなったDS3 クロスバックがさらなる革命をもたらす。

 自動車という概念を超越したフランスならではデザインや、建築、ファッションにおける様式を踏まえた意匠性と、伝統的装飾技法であつらえたエクステリアとインテリア、そこにモビリティの将来を約束する電動化テクノロジーを融合させたエレクトリックラグジュアリーコンパクトSUV、DS3 クロスバック E-TENSが誕生したのだ。

 パリ発信のブランドとしてのプライドを自動車の世界に持ち込み、1920年代に栄光を誇ったフレンチラグジュアリーカーの復興を担うDSオートモビルは、ふたつの相反する要素を内包する。それはヘリテージとアヴァンギャルドだ。

 DSオートモビルのヘリテージとは過去の自動車文化のみならず、オートクチュールやジュエリーのサヴォワフェール(匠の技)として、フランスに伝わる数百年の伝統のことを意味している。

 クル・ド・パリのギヨシェ模様やレザーのステッチ、素材のあしらいなど、フランスだけが創りえる唯一無二の空気感を自動車に持ち込むことで、フランス文化を表現しているのだ。

 そしてもう一つの要素たるアヴァンギャルドこそ、今回日本デビューを果たす電動化テクノロジー、E-TENSEに他ならない。

 DSオートモビルは、持続可能な将来に向けてのモビリティにおけるエネルギーの移行に完全にコミットしており、2015年のごく初期段階からフォーミュラEに参加しているという事実は、あたらしいエネルギー形態への意欲を表している。そして電動化こそが、DSオートモビルのアヴァンギャルドの中核となるものなのだ。

 電動化は、現在のモビリティの課題に対する有効な回答であり、ブレーキ時の運動エネルギーを回収し、内燃機関では不可能な卓越したエネルギー効率を実現する。

 無音のうちにゼロ回転から瞬間的にトルクが立ち上がるドライビングエクスペリエンスは、比類なき喜びをもたらしてくれることだろう。

 これこそが、内燃機関の自動車に課せられていた、都市中心部への移動の制限に対する決定的な解答である。

 移動の自由とDSをドライブする喜びのすべてを、これからも担保すべく、DSオートモビルは、DS3 クロスバック E-TENSEというクリエイションを成し遂げたのだ。

 DS3 クロスバック E-TENSEの登場は、そのスタイルによって、電気自動車の概念を変えることだろう。

 この電動化プラットフォーム「eCMP」は、すでに発売され、そのライドフィールと静粛性、効率性で高い評価を得ているICE(内燃機関)版のDS3クロスバックのCMPの電動版であり、バッテリーと電気モーターが効率的に搭載されている。

 居住空間やトランクスペースを犠牲するようなことはなく、その都会的なコンパクトさをたもちつつ、フル5シーターでクラス最大級約350リッターのトランクスペースを確保。これもまた、同プラットフォームの効率性の高さの賜物といえる。

 また、電気自動車において静粛性への配慮は、今まで以上に重要なポイントとなる。内燃機関独特の振動や音が存在しないことにより、外部環境からのノイズが相対的に大きく感じられるからだ。

 しかし、DS3 クロスバック E-TENSEでは、このセグメントで他に類をみない静粛性を実現。室内空間の平穏さもまたラグジュアリーのひとつであり、DSならではの居住感=DS ラウンジの心地よさを体感できる仕様となっている。

■100kWのモーターと50kWhのバッテリーを搭載し、WLTP航続距離は320km

 7インチのタッチスクリーンの下には、タッチコントロールとセンターエアアウトレットをひし形に配置。このスクリーンには主要なコントロールパネルが表示されており、車輌セッティングなどが一か所にまとめられている。

日本導入が発表された「DS3 クロスバック E-TENSE」の内装日本導入が発表された「DS3 クロスバック E-TENSE」の内装

 また、バッテリーのヒートポンプ、タイヤの空気圧モニタリングシステム、回生ブレーキと統合されたABS、ESP、レーンキープアシスト、ヒルスタートアシスト、リアパークアシスト、オートエアコン、本革ステアリングホイール、8個のエアバッグ、フラッシュフィッティングドアハンドルなどを標準装備。さらに、インテリジェントなDS MATRIX LED VISIONヘッドライトなどの最新世代のイノベーションが搭載されているほか、キーホルダーがクルマから1.5m以内に近づくと、フラッシュフィッティングドアハンドルがボディから自動的にせり出すプロキシミティ キーレスエントリー&スタートも、ICE版同様に装備されている。

 Grand Chicでは、ヘッドアップディスプレイとレザーシートとレザーをあしらったダッシュパネルが搭載された。

 そして、100%電動化されたDS3 クロスバック E-TENSEならではのアクセントとして、サテンクロームのDSウィング、アンスラサイトグレーのグリルの各部にE-TENSEマークが配されている。

 リアバンパーにはもちろんエキゾーストエンドはなく、よりシンプルで彫刻的な美しさが際立つリアエンドや、18インチのKYOTOアルミホイールとE-TENSE専用の新色パールクリスタルなどがDS3 クロスバック E-TENSE独自の際立つエレガンスをさらに強調する。

 さらにDS3 クロスバック E-TENSEには、3つのドライブモードが用意されている。続距離の最大化を図るECOとNORMAL、そしてパワーとトルクを最大化するSPORTだ。

 これらのモードとは別に、フォーミュラEからインスパイアされたNORMALとBRAKEの2つのエネルギー回生システムが実装されており、ドライバーは好みに応じてシフトレバーの操作により随時選択することが可能だ。

 NORMALでは、アクセルを戻した時の内燃機関のエンジンブレーキの挙動をシミュレーションし、自然な減速感を実現。BRAKEは最大減速度約1.3m/sとなり、いわゆるワンペダルドライブに近い運転が可能となる。

 DS3 クロスバック E-TENSEは、こうしてヘリテージとアヴァンギャルドが交わることで生まれる、あたらしい時代のラグジュアリーを創造したのだ。

 オートクチュールやジュエリーに見られるフランスのサヴォワフェールの伝統を、現代の自動車産業のなかで適用することで、自動車の世界にフランスだけがなしえるラグジュアリーカーのありようを提示。最新の電動化技術とフランスならではのオートクチュールの伝統技法を文化的に融合させたオートクチュール・エレクトリック、DS3 クロスバック E-TENSEがいよいよ日本に登場となる。

 日本仕様の詳細、グレード展開、航続距離、充電方法、充電時間、価格、発売日時や発売方法は7月29日に開催される発表会にて公開される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング