ある意味、贅沢なモデルだった!? 相当に気合が入った車3選

くるまのニュース / 2020年7月7日 16時10分

現在、自動車製造は合理化が進み、シャシやドライブトレインのモジュラー化や、部品の共有化により、開発費の削減と開発期間の短縮がおこなわれています。一方で、これまで販売されたクルマのなかには、多くの部品が専用に開発されたモデルも存在。そこで、相当に気合が入って開発されたクルマを3車種ピックアップして紹介します。

■相当に気合が入って開発されたクルマを振り返る

 自動車メーカーや部品メーカーは、日々コスト削減のための手法を模索しています。その成果の例として、主要なコンポーネントのモジュラー化や、部品の共有化が挙げられ、これにより開発費の削減や、開発期間の短縮が可能になりました。

 一方で、かつて販売されたクルマのなかには、ある目的を達成するために専用の部品を大量に開発したモデルも存在。

 そこで、相当に気合が入って開発されたクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「iQ」

新開発された数々のアイテムを投入した「iQ」新開発された数々のアイテムを投入した「iQ」

 シティユースを重視したマイクロカーといえば、スマート「フォーツー」や、スズキ「ツイン」のような2シーター車が挙げられます。しかし、国内市場では2シーター車というとユーザーが限られてしまい、大ヒットまでは至りませんでした。

 そこで2008年にトヨタは、マイクロカーながらも4シーターとした「iQ」を発売。

 ボディサイズは全長2985mm×全幅1680mm×全高1500mmと、全長は軽自動車よりも400mm以上も短く、このなかに4つのシートを収めるために、トヨタが持てる技術の粋が注ぎ込まれました。

 具体的にはiQ専用に設計されたトランスミッションによって、フロントタイヤをエンジンよりも前方に配置し、エアコンユニットも専用の小型モデルを開発したことで助手席足元の空間を確保。

 さらに、床下に燃料タンクを格納し、運転席と助手席のシートバックを極力薄型化することで、リアシートの空間を確保して4シーター化を実現しました。

 しかし、これほどまでにコンパクトな4人乗りモデルでは、衝突安全性が懸念されますが、追突事故の際に後席の乗員を保護する世界初の「リヤウインドウカーテンシールドエアバッグ」を全車に標準装備することで、安全性を確保しています。

 iQの優れたパッケージングは国内外で高く評価されましたが、快適に乗れる限界は大人3人までだったため、短距離移動では軽自動車の存在を超えられませんでした。

 すでにマイクロカーの人気が高かった欧州ではヒットしましたが、日本ではヒットしたとはいえず、2016年に生産を終了しました。

●ホンダ「インサイト」

ストイックなまでに軽量化や空気抵抗の低減がおこなわれた「インサイト」ストイックなまでに軽量化や空気抵抗の低減がおこなわれた「インサイト」

 ホンダは、1997年に発売された世界初の量産ハイブリッド車であるトヨタ「プリウス」に対抗するために、世界最高水準の低燃費を目指したハイブリッド専用車「インサイト」を、1999年に発売しました。

 パワーユニットは、新開発の70馬力を発揮する1リッター直列3気筒エンジンに、13馬力のアシスト用モーターをトランスミッションに組み合わせた、「ホンダIMA(インテグレーテッド・モーターアシスト)システム」と呼称されるパラレルハイブリッドを採用。

 燃費は目標どおりプリウスを上まわり、当時、量産ガソリン車で世界最高の35km/L(10・15モード)を達成しています。

 そのための施策として、「NSX」で培った技術を生かしたアルミ製シャシやアルミと樹脂を組み合わせたボディパネルに、乗車定員を2名としたことで車量は820kg(MT車)と、モーターやバッテリーを搭載していながらも大幅な軽量化を実現。

 また、外装ではリアフェンダーにスカートを装着してタイヤを覆い、まるでスポーツカーのようなフォルムで空気抵抗を削減した結果、Cd値(空気抵抗係数)は0.25を達成するなど、当時のホンダが持てる技術を余すことなく投入しています。

 しかし、インサイトは2名乗車が仇となって多くのユーザーからは受け入れられず、2004年のマイナーチェンジで36km/L(10・15モード)とさらに燃費を向上させましたが、販売台数の回復にはつながらないまま2006年に生産を終了。

 その後、2009年に発売された2代目インサイトは、プリウスを意識した5ドアハッチバックのボディに改められ、シャシも一般的なスチール製に変更されました。

■バブル期を代表する美しいクーペとは!?

●ユーノス「コスモ」

美しいボディにハイパワーな3ローターエンジンを搭載した「コスモ」美しいボディにハイパワーな3ローターエンジンを搭載した「コスモ」

 1980年代の後半、マツダは5つの販売チャネルを展開することで車種を拡充し、さまざまなニーズに対応したモデルをラインナップ。

 そのひとつであるユーノスブランドから、1989年に稀代の名車といえる初代「ロードスター」が発売されると、ユーノスは一気に認知度を高めることに成功。

 そして、1990年にフラッグシップモデルとしてユーノス「コスモ」を発売します。

 ロー&ワイドでロングノーズの優雅なスタイルに、専用開発された世界初の3ローターのロータリーターボエンジンを搭載するなど、まさにバブルの申し子といったモデルです。

 この654cc×3ローターエンジンはシーケンシャルツインターボを採用して280馬力を発揮。組み合わされたトランスミッションは4速ATのみで、6.4km/L(10・15モード)と極悪な燃費がいまも語り継がれているほどです。

 また、コスモには世界初となるGPSナビゲーションシステムを装備(3ローター車に設定)するなど、まさに当時の技術の集大成といえます。

 コスモの価格はトップグレードで530万円と高額だったことと、燃費の問題、バブル崩壊によるマツダの収益悪化という背景もあって、わずか4年で生産を終了しました。

 その後3ローターエンジンを搭載したクルマは無く、コスモもこの代で消滅したため、いまでは伝説的なモデルです。

※ ※ ※

 現在販売中のクルマの多くは、シャシや部品の共有化が大きく進んでいます。そのため、先進安全技術などを標準装備していながらも価格が抑えられており、これはユーザーからすると歓迎すべきことです。

 しかし、個性的なクルマが少なくなってしまったことも否めません。

 今回、紹介した3車種は、商業的に大成功を収めたわけではありませんが、個性的なクルマという点では、かなり秀でた存在だといえます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング