雨の多い梅雨、洗車をするのは意味がある? クルマへのダメージを最小限にするには

くるまのニュース / 2020年7月10日 9時10分

梅雨のこの時期は、頻繁に雨に見舞われるため、洗車をしても意味はないと思っているドライバーも多いでしょう。しかし、梅雨だからこそめげずに小まめな洗車がおすすめです。愛車のキレイを守るための正しい対処法について紹介します。

■梅雨シーズンに洗車をする意味はある?

 梅雨の時期は、洗車をしてもすぐに雨に降られてしまいます。これを理由に、洗車の頻度を減らすドライバーも少なくありません。しかし、雨が降り続く季節だからこそ、洗車をすることが大切だといいます。いったいなぜなのでしょうか。

 梅雨にあたる6月から7月にかけての時期は、クルマが過酷な環境に晒される時期でもあります。具体的には、雨による「酸化共鳴」で、これによりクルマは想像以上のダメージを受けてしまいます。

「酸化共鳴」とは、放置された汚れが酸化することで、塗装面も同様にダブルで酸化し、一体化した状態です。

 もともと、塗装やワックスは酸化しやすい物質でできており、これに酸性雨が加わることで、さらに状態を悪化させてしまいます。

 さらに、雨のなかには大気中のチリやゴミといった汚れが含まれているため、雨に濡れた状態のままボディを放置すると水垢やウォータースポットの原因になりかねません。こうした汚れが蓄積されると、塗装の皮膜を痛める恐れもあります。

 こうした被害を防ぐためにも、小まめな洗車がおすすめです。

 では、梅雨時期のダメージを予防するには、どのような手入れを心がけるべきなのでしょうか。オートバックスセブンの広報担当者は、次のように話します。

「雨が降る季節の簡単なお手入れとしては、クルマに付いた水滴を放置せず拭き取ることです。これだけでも、ボディの汚れを防ぐ効果を発揮します。また、雨が止んでいるタイミングを見計らって、小まめに洗車を心がけてください。

 さらに、雲行きが怪しくなりやすい梅雨の屋外洗車は、ワックス剤よりもコーティング剤がおすすめです。

 ワックスは雨に流れやすいほか、水分を含んでいる脂分が発生すると汚れの原因になります。

 したがって、コーティング成分が強く、撥水効果のあるコーティング剤を推奨します。こちらであれば、液が定着しにくく、手入れも簡単です」

■雨が降っているときこそやりたいクルマのメンテナンスとは

 梅雨時期の洗車を避ける人が多い一方、なかには「雨の日こそ洗車をするべき」といった意見を目にすることもあります。

雨が降っているなかの洗車は、屋内で拭き取りをする必要があるのが手間となる雨が降っているなかの洗車は、屋内で拭き取りをする必要があるのが手間となる

 実際のところ、雨が降りしきる中での洗車はおすすめできるのでしょうか。前出のオートバックスセブン広報担当者は、次のように話します。

「雨が降っているなかでの洗車は、人によって見解が異なりますが、ワックスのようにクルマが濡れていない状態で使い、乾かした後に拭き取るタイプのものは、雨に濡れてしまうと意味がありません。

 したがって、仕上げのワックスにこだわっている人にとっては、雨が降るなかでの洗車をおすすめすることはできません」

※ ※ ※

 雨が降っているなかの洗車は、ワックスだけでなく洗車後の水の拭き取りも屋内でやる必要があるため、難易度が高いといえます。

 その一方、前出の広報担当者は、ボディ全体の洗車ではないものの、雨の日にも推奨できるクルマのお手入れとして、フロントガラスのコーティング剤があると話します。

 雨のなかフロントガラスにスプレーをすることで、雨とワイパーの力を使ってフロントガラスへのコーティング施工が可能となります。こうした商品を活用することで、より雨を有効的に利用したクルマのお手入れも可能です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング