日本では販売していないスポーツ車もあり!? マイルドハイブリッド車5選

くるまのニュース / 2020年9月4日 6時10分

現在、電動車の主流であるハイブリッド車には、さまざまな種類があります。なかでも近年、欧州車や軽自動車などで広く普及しているのがマイルドハイブリッド車です。そこで、これまで登場したマイルドハイブリッド車を5車種ピックアップして紹介します。

■着々と勢力を拡大しつつあるマイルドハイブリッド車たち

 1997年に、世界初の量産ハイブリッド車のトヨタ「プリウス」が発売されました。その後、他メーカーも追従してハイブリッド車を続々と発売し、現在は電動車の主流です。

 ハイブリッド車の定義としては、エンジンとモーターという異なる動力源を搭載していることが挙げられますが、ハイブリッドにもさまざまな種類が存在。

 なかでもモーターがエンジンのアシストのみに徹する「マイルドハイブリッド車」は、欧州車や軽自動車、コンパクトカーなどで広く採用されています。

 マイルドハイブリッドのシステムは、比較的出力が小さいモーターと、容量の小さいバッテリーで構成されるのが一般的で、軽量かつコンパクトで車両価格の高騰も抑えられるというメリットがあります。

 一方で、燃費の向上はEV走行も可能なストロングハイブリッドほどは期待できませんが、小規模な改良で搭載できることから、普及してきました。

 そこで、これまで登場したマイルドハイブリッド車を5車種ピックアップして紹介します。

●スズキ「ツイン ハイブリッド」

軽自動車初のハイブリッドという快挙ながら売れなかった「ツイン ハイブリッド」軽自動車初のハイブリッドという快挙ながら売れなかった「ツイン ハイブリッド」

 2003年に登場した2人乗りの軽自動車スズキ「ツイン」。全長は2735mmと極端に短く、最小回転半径が3.6m、車重は600kg程度と軽量なことで燃費も良好です。

 そして、軽自動車では初となるハイブリッドモデルを用意していたこともツインの特徴です。

 ハイブリッドシステムはエンジンと4速ATのトランスミッションの間に薄型モーターを設置して、バッテリーは12Vのオートバイ用小型鉛電池を16個直列につないでリアに搭載。192Vの電圧でモーターを動かしていました。

 燃費は10・15モードで34.0km/Lと、ガソリン車(3速AT)が22km/Lでしたから、50%以上も向上していたことになります。

 しかし、ガソリン車のエントリーグレードの価格(消費税含まず)が49万円だったのに対して、ハイブリッド車では129万円と高価で、ガソリン代で価格差を相殺することは現実的ではなく、販売は低迷。

 2005年のマイナーチェンジで、ハイブリッド車は廃止されてしまいました。

●トヨタ「クラウン ロイヤルサルーン マイルドハイブリッド」

高級車ならではの装備も特徴的だった「クラウン ロイヤル マイルドハイブリッド」高級車ならではの装備も特徴的だった「クラウン ロイヤル マイルドハイブリッド」

 トヨタ「クラウン」のハイブリッドモデルといえば、いまでこそトヨタ独自のハイブリッドシステム「THS II」を搭載したストロングハイブリッドですが、11代目クラウンが2001年8月のマイナーチェンジの際に登場した、シリーズ初のハイブリッドモデルはマイルドハイブリッドでした。

 グレード名も「ロイヤルサルーン マイルドハイブリッド」で、3リッター直列6気筒Eエンジンに最大出力4馬力のモーターを組み合わせ、バッテリーは36Vの20Ahという構成となっています。

 モーターはベルト駆動の発電機兼用で、エンジンを始動するスターターの役割も担っていました。

 また、アイドリングストップ時にはモーターによってコンプレッサーを動かしてエアコンを作動させるという、高級車のクラウンならではの機能を採用。

 なお、燃費は10・15モードで13.0km/Lと、ガソリン車よりも15%ほどの向上に留まっています。

●日産「セレナ」

室内の広さが重要なミニバンとしてマイルドハイブリッドを設定した「セレ ナS-HYBRID」室内の広さが重要なミニバンとしてマイルドハイブリッドを設定した「セレ ナS-HYBRID」

 現行モデルの日産「セレナ」は、シリーズハイブリッドの「e-POWER」と、マイルドハイブリッドの「S-HYBRID」のみとなり、全車ハイブリッド車となっています。

 なかでもS-HYBRIDは、4代目セレナの2012年8月のマイナーチェンジの際に追加ラインナップされ、e-POWERの登場までは主力グレードでした。

 S-HYBRIDは減速時のエネルギー回収と、回収した電力によるアイドリングストップの頻度アップや停止時間の延長、発進加速時のモーターアシストといった点では、一般的なマイルドハイブリッドと同様です。

 しかし、モーター出力は2.6馬力と小さく、「マイクロハイブリッド」と分類されることもあります。

 シンプルな構成のS-HYBRIDですが、日産によればハイブリッドシステムの搭載によって室内が狭めることなく燃費を向上させ、ミニバンにふさわしい仕組みとアピール。

 発電機とスターターを兼用したモーターを使っていることで、アイドリングストップからのエンジン再始動もスムーズにおこなえ、セルモーターの劣化を気にせず、積極的にアイドリングストップがおこなえました。

■最新モデルと海外専用のマイルドハイブリッド車とは

●マツダ「マツダ3」

新世代のエンジンにマイルドハイブリッドを採用した「マツダ3」新世代のエンジンにマイルドハイブリッドを採用した「マツダ3」

 Cセグメントカーのマツダ「アクセラ」から「マツダ3」への改名とともに、内外装の質感を大幅に高めることで、プレミアムなコンパクトカーへと生まれ変わりました。

 マツダ3のエンジンラインナップには、従来のクリーンディーゼルとガソリンに加え、マツダ独自の圧縮着火を用いた燃焼方式(SPCCI)を採用した「SKYACTIV-X」を設定。

 2リッター直列4気筒にスーパーチャージャーを組み合わせたSKYACTIV-Xは、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの特徴を併せ持っており、WLTCモードで17.2km/Lと低燃費ながら、最高出力180馬力を発揮。世界中のメーカーが量産化できずにいたなか、マツダが世界で初めて実現しました。

 圧縮着火という点に注目が集まっていますが、ほかに24Vのマイルドハイブリッドシステムも搭載。出力6.5馬力のモーターによってエンジンをアシストすることで、発進時の加速や上り坂の走行で威力を発揮します。

 モーターは車両の発電機とスターターを兼ねており、アイドリングストップからのスムーズな再始動や減速時のエネルギー回収といった点も重視されています。

 しかし、SKYACTIV-Xグレードの価格(消費税込)は319万8148円からと、ガソリン車よりも70万円ほど、ディーゼル車よりも40万円ほど高く、販売は苦戦しているようです。

●スズキ「スイフトスポーツ」

日本仕様には設定されていないマイルドハイブリッドの「スイフトスポーツ」日本仕様には設定されていないマイルドハイブリッドの「スイフトスポーツ」

 いまや定番ホットハッチとしてのポジションを不動のものとしたスズキ「スイフトスポーツ」は、国内だけでなく欧州でも人気があるモデルです。

 現行モデルはシリーズ初の1.4リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。欧州仕様では2020年に、日本では設定されていないマイルドハイブリッドモデルが投入されました。

 イギリス仕様では1.4リッターエンジンと48Vマイルドハイブリッドを組み合わせ、トランスミッションは6速MTのみです。

 最高出力は131馬力、最大トルクは235Nmで、国内仕様が140馬力・230Nmですから、最高出力こそ劣りますが、トルクがわずかにアップしています。

 ただし、マイルドハイブリッド仕様のWLTCモード燃費は5.7L/100km(約17.5km/L)で、国内仕様の6速MT車の17.6km/Lとほぼ同じで、極端に低燃費というわけではなさそうです。

※ ※ ※

 本文中にも登場していますが、現在、マイルドハイブリッドで主流となっているのは、Integrated Starter Generator=ISGで、発電機とモーターが兼用となっており、新たに多くの補機を追加することなくハイブリッド化が可能となっています。

 このISG自体の歴史は古く、昔はセルモーターとダイナモ(発電機)がひとつになったことで「セルダイナモ」と呼ばれていました。

 かつて国産車では軽自動車や小型車に採用され、近年は原付きバイクが採用しています。

 軽自動車で採用した例では1967年に発売されたホンダ「N360」シリーズがありますが、その後、一般的なセルモーターに取って代わり、クルマでは枯れた技術として消えてしまいました。

 しかし、ISGとして枯れた技術が復活したことは、クルマに採用された技術のなかでは非常に稀な例です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング