ハイパワーなうえに今ならお買得!? 高性能セダン3選

くるまのニュース / 2020年9月24日 16時10分

2000年代初頭まで隆盛を誇っていたセダンですが、いまではパーソナルカーとしての一定の需要があるものの、各社ラインナップは激減してしまいました。一方で、少し前の高性能セダンのなかには、お手頃な価格で中古車が狙えるモデルも存在。そこで、ハイパワーかつスポーティなセダンを3車種ピックアップして紹介します。

■往年の高性能スポーティセダンを振り返る

 近年、セダン人気の低迷によって、各メーカーともセダンラインナップは減少してしまいました。しかし、2000年代初頭くらいまではラインナップも豊富で、ターボエンジンを搭載した高性能なモデルも存在。

 しかも、そういった高性能セダンのなかには、人気がそれほど高くないからか、中古車価格もお手頃なモデルもあります。

 そこで、ハイパワーかつスポーティな往年のセダンを3車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「マークII 2.5iR-V」

シリーズ最後のハイパワー直6エンジンを搭載した9代目「マークII」シリーズ最後のハイパワー直6エンジンを搭載した9代目「マークII」

 トヨタは2019年をもって「マークX」生産を終了してしまいましたが、このマークXの前身が「マークII」で、初代は「コロナマークII」として1968年に発売されました。

 1980年代には、いわゆるハイソカーとして「チェイサー」「クレスタ」とともに大ヒットを記録します。

 そして、マークIIでは最後のモデルである9代目には、高性能なターボエンジンを搭載したグレードの「2.5iR-V」が存在。

 そのエンジンは最高出力280馬力を誇る2.5リッター直列6気筒ツインターボの「1JZ-GTE型」で、A70型スープラや、Z30型ソアラにも搭載され、スポーティなパワーユニットとして高度なチューニングにも応えられる実力がありました。

 また、直列6気筒エンジンならではのスムーズな吹け上がりは、パワフルさだけでない官能的なフェーリングを演出。

 2004年にマークXへバトンタッチしますが、エンジンはV型6気筒にスイッチしたため、9代目マークIIは最後の直6搭載車としての価値があります。

 現在の中古車価格はATモデルならば100万円未満の物件が数多くありますが、MTの低走行車では200万円から300万円が相場と高めです。

●三菱「ギャランVR-4」

精悍なマスクにスタイリッシュなフォルムが印象的な「ギャランVR-4」精悍なマスクにスタイリッシュなフォルムが印象的な「ギャランVR-4」

 1969年に誕生した三菱「コルトギャラン」は、スタイリッシュなデザインが注目されたセダンで、後に三菱の主力車種として代を重ねていきました。

 1987年に発売された6代目では高性能エンジンを搭載した4WDモデル「VR-4」をラインナップ。ラリーを始めモータースポーツに参戦する目的で開発されました。

 そのポジションを「ランサーエボリューション」が引き継ぐと、ギャランVR-4は高性能グレードとして7代目、8代目へと継承されます。

 そして1996年にデビューして最終型となった8代目では、2.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は280馬力に達し、トランスミッションは5速MTと4速ATが選べました。

 外観では逆スラントノーズによって迫力あるフロントフェイスが印象的です。

 また、ギャランVR-4は乗り心地や静粛性の向上や、ラグジュアリーな内装に仕立てられているなど、ハイパフォーマンスモデルというだけでなく、セダンとしてのクオリティにもこだわっています。

 しかし、販売は低迷していたため、2002年にVR-4の生産を終了し、2005年にはギャランの歴史が幕を閉じました。

 現在、中古車の物件数は少ないですが、価格は100万円未満が相場です。なお、1998年に登場した、専用エアロパーツやラリーアート製スポーツマフラーが装備された特別仕様車「スーパーVR-4」は激レアなので、見つけたら即買いでしょう。

■いまでは消滅してしまったマツダの高性能シリーズの1台とは

●マツダ「マツダスピード アテンザ」

シリーズで最初で最後の高性能グレード「マツダスピード アテンザ」シリーズで最初で最後の高性能グレード「マツダスピード アテンザ」

 マツダのフラッグシップセダン/ステーションワゴンの「アテンザ」は、2019年に車名を「マツダ6」に変え、新たなスタートを切りました。

 2002年に初代アテンザは発売され、ボディタイプはセダン、5ドアハッチバック、ステーションワゴンをラインナップ。2005年には高性能グレードの「マツダスピード アテンザ」を追加します。

 マツダスピード アテンザに搭載されたエンジンは、272馬力を誇る2.3リッター直列4気筒直噴ターボで、これに6速MTが組み合わされ、駆動方式を4WDとすることで大パワーを余すこと無く路面に伝達。

 また、ボディサイズはグローバルでの販売を意識した全長4760mm×全幅1780mm×全高1430mmに設定され、当時のミドルクラスセダンとしてはかなり大柄でしたが、そのサイズを生かして流麗なスタイルを実現しています。

 2008年に2代目が登場すると、全グレードが自然吸気エンジンとなり、突出した高性能モデルはなくなってしまったため、マツダスピード アテンザの存在は貴重です。

 中古車市場では80万円前後が相場で、コストパフォーマンスはかなり高いといえます。

※ ※ ※

 今回紹介した3車はすべてターボエンジンですが、現在のダウンサイジングターボエンジンと異なり、パワー重視のため経済的とはいえません。

 また、新車登録から13年を超えているため、自動車税や重量税が重加算されてしまいます。

 性能的にいまも十分に通用し、大いに魅力的なモデルでも、敬遠せざるを得ない状況は寂しいところです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング