ホンダ新型「オデッセイ」発売! 新デザインで重厚感アップ! ジェスチャー操作でドアが開く!?

くるまのニュース / 2020年11月5日 11時30分

ホンダの上級ミニバン「オデッセイ」のマイナーチェンジモデルが登場しました。内外装のデザインや機能性、安全性能など、多岐にわたって進化しました。

■さらに押し出し感が強いデザインへ刷新

 ホンダの上級ミニバン「オデッセイ」がマイナーチェンジして、2020年11月6日に発売されます。

 オデッセイは、ホンダ独自の超低床プラットフォームによる3列のゆとりある空間と、風格のあるスタイリング、また2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」による優れた燃費性能と上質で力強い走行性能などが好評です。

 今回のマイナーチェンジでは、エクステリアのデザインを刷新。風格あるスタイリングはそのままに、厚みのあるフードと押し出し感の強い大型グリルへ変更されました。

 さらに、薄型のヘッドライトを採用することで、これまで以上に力強さが感じられるフロントフェイスへと進化しています。

 リアは、ソリッドで立体的なリアコンビライトを採用し、メッキ加飾を施すことで、ワイルドでシャープなフォルムが際立つデザインとしました。

 また、前後のウインカーには車両の内側から外側に流れるように点灯する「シーケンシャルターンシグナル」を標準装備し、先進的なイメージと優れた被視認性を両立しています。

 ボディカラーは、新色の「オブシダンブルー・パール」を含む全5色が設定されています。

 内装は、上品な質感の加飾パネルを視界に入りやすい上部に配置し、また触り心地の良いソフトパッドを手の触れやすい位置に配するなど、インパネのデザインを変更しました。

 コンビメーターパネルは、高精細フルカラー液晶パネルを、従来モデルの3.5インチから7インチへと拡大。

 さらに、アナログスピードメーターとの組み合わせにより、さまざまな情報をわかりやすく表示するとともに、十分な視認性を確保しました。

 また、運転席側への格納式ドリンクホルダー追加やリッド付きインパネアッパーボックスを新たに設定するなど、室内の収納も使いやすく変更されています。

 なお今回のマイナーチェンジでは、グレード体系の変更もおこなわれ、カスタム仕様の「アブソルート」へ一本化。さらに、ハイブリッドモデルは「e:HEV」へと名称変更されました。

■ジェスチャーコントロール・パワースライドドアをホンダ国内初搭載

 新型オデッセイのパワートレインは、従来モデルと同様に2.4リッターガソリンと、2リッターハイブリッドが設定されています。

 新型モデルでは、フロントドアガラスとスライドドアガラスの遮音化やテールゲートガラスの板厚向上、ノイズを軽減するホイールを採用することで、静粛性を高めました。

新型オデッセイは流れるウインカーを採用新型オデッセイは流れるウインカーを採用

 機能面としては、「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」を、国内のホンダ車として初採用しました。

 ジェスチャーコントロール・パワースライドドアとは、ドアノブにふれることなく、流れる光に手をかざすことでパワースライドドアの開閉が可能となる機能で、光の演出とジェスチャー操作による新たな体験が楽しめます。

 また、パワースライドドアが閉まり切るのを待たずに、ドアクローズ後の施錠を可能とする「予約ロック機能」をホンダとして初めて採用。その場に待機することなく、離れた位置からロックされたことを確認することができるなど、日常での使い勝手が向上しました。

 加えて、リアバンパーの下に足先を出し入れするだけでテールゲートの開閉が可能な「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」を「EX」グレードに装備。開閉途中のテールゲートの保持や、開く高さの設定変更もスイッチ操作により可能となります。

 安全性能では、安全運転支援システム「ホンダセンシング」に後方誤発進抑制機能を追加。後方に障害物があるにもかかわらずアクセルペダルを踏み込んだ場合、パワーシステムを抑制することで急発進を防止します。

 新型オデッセイの価格(消費税込)は、ガソリンモデルが349万5000円から392万9400円、ハイブリッドモデルが419万8000円から458万円です。

 また今回、簡単なリモコン操作でシートが車外の低い位置まで下降し、乗車・降車をサポートする「サイドリフトアップシート/助手席リフトアップシート」がアブソルートに新たに設定されました。

 価格(消費税非課税)は、サイドリフトアップシートモデルが363万4000円、助手席リフトアップシートモデルが358万2000円から378万2000円です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング