なぜ新型「ハマー」はEVとして復活!? 歴代ハマーはどんなクルマだったのか

くるまのニュース / 2020年11月7日 11時50分

2020年10月20日にGMから、GMCのピックアップトラックとして新型「ハマーEV」が発表された。名称にもあるように、電気自動車(フルEV)であることが大きな特徴だ。そこで今回は、歴代「ハマー」を振り返りつつ、なぜEVとして復活したのかを考察したい。

■軍用車両の民間向けバージョンとして登場した初代ハマー

 2020年10月20日にGMから、GMCのピックアップトラックとして新型「ハマーEV」が発表された。名称にもあるように、電気自動車(フルEV)であることが大きな特徴だ。そこで今回は、歴代「ハマー」を振り返りつつ、なぜEVとして復活したのかを考察したい。

 新世代ハマーが10月20日、EVピックアップトラックとして復活した。しかし、最初の「ハマー」は当然ながらEVでもなかったし、さらにいえばGM製でもなかったのだ。

 そのルーツとなるのは、AMゼネラル社が生産していた軍用の汎用4輪駆動車であった。

 正式名称は高機動多用途装輪車両(High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle=HMMWV)で、「ハンヴィー」と呼ばれていた。

 ハンヴィーは1980年代に採用が始まり、1991年から始まった湾岸戦争で活躍する姿がメディアを通じて世界中に知られることになる。そのハンヴィーの民間向けバージョンとして、1992年に発売されたのが初代ハマーであった。

1992年に登場したハマー「H1」1992年に登場したハマー「H1」

 軍用車であるハンヴィーとの技術的な関係はなくなり、その雰囲気を伝える高級SUVとしてのデビューとなった。

 6リッターのV型8気筒エンジンを搭載し、全幅はあいも変わらず2m越えであったものの、軍用車ではなく乗用車をベースにしたことで日常の使い勝手は向上。高級SUVとして、アメリカだけでなく世界各国でも人気となる。日本では2004年より三井物産オートモーティブが取り扱った。

 また、アメリカではピックアップトラック版「H2 SUT」も販売された。

 2006年には第3世代の「ハマーH3」が登場する。デザインは「ハンヴィー」のイメージを色濃く残しつつも、「ハマーH2」よりも、小さくなったことが大きな特徴だ。このハマーH3も日本では三井物産オートモーティブが輸入販売した。

2006年に登場したハマー「H3」2006年に登場したハマー「H3」

 ベースはH2と同様にGMのSUV/ピックアップトラックを利用。全長は5mを切り、全幅も2mを切って、一般的なSUVといえる寸法に収まっている。エンジンは、当初、3.5リッターの直列5気筒エンジンを採用したが、後に5.3リッターV8エンジンも使われるようになる。

 また、ピックアップトラック版「H3T」も2008年に登場。しかし、2010年に生産終了し、そこから「ハマーEV」が登場するまで、約10年の休眠状態となる。

■ハマーがEVで復活した理由とは?

 市場からのラブコールによって生まれ、代を重ねつつも、ルーツとなる軍用車のイメージを守り続けたというのがハマーの歴史だ。

「戦場を駆け回る軍用車を自分の愛車にできる!」という、ハマーの名が持つイメージは強い。同じ軍用車にルーツを持つ「ジープ」と同様に、そのブランド的な価値は大きいといえるだろう。昨今の世界的なSUVブームのなか、そうしたブランド価値を使わない手はないというのが、ハマー復活のひとつの理由だ。

新型「ハマーEV」。2021年に発売予定だ新型「ハマーEV」。2021年に発売予定だ

 また、アメリカにおけるピックアップトラックの存在感が、日本人には考えにくいほど大きいのが、ピックアップトラックとしてのハマー復活の理由となるだろう。

 かの国で、過去40年近くにわたってもっとも数多く売れているクルマは、フォードのピックアップトラック「F1500シリーズ」なのだ。

 驚くのは、普通の乗用車も合わせてのランキングでF1500がトップに君臨し続けていること。当然、巨大なピックアップトラックは価格も高い。高いクルマが一番多く売れるのだから、ビジネス面での旨味も当然大きい。これもハマー復活の理由のひとつとなる。

 そして最後は、環境問題に対する対応だ。

 巨大なピックアップトラックは、当然のように燃費性能が悪い。しかし、環境対策のためにCO2排出量の削減は世界的な使命となっている。

 そこで導き出された対策が電動化だ。しかも、完全なるEVであれば、CO2排出量をゼロにできる。

 その先陣を切ったのが、テスラのEVピックアップトラック「サイバートラック」だ。ルックスが斬新なだけでなく、なんと発表数日で20万台以上の予約が殺到したという人気にも驚かされた。この現象は、それだけアメリカではEVピックアップトラックへの注目が高いことの証明にもなるだろう。

新型「ハマーEV」のインパネ新型「ハマーEV」のインパネ

 また、GMは自社開発の新型バッテリー「アルティウム」と次世代グローバルEVプラットフォームを開発している。

 これは、前輪駆動の乗用車から後輪駆動車、4WD車まで幅広い車種に対応できるというフレキシブルな技術だ。これまで独自にEVを開発していたホンダが、自社技術を投げ出してGMと北米におけるEVプラットフォーム戦略を提携したのも、このアルティウム&グローバルEVプラットフォーム技術があったからに違いない。

 つまり、ハマーEVは、EVとしての技術的な土台が先に出来上がっており、その展開のひとつとして選ばれたのではないだろうか。ハマーが先ではなく、EV技術が先というわけだ。

 そういう意味でハマーEVが、EVとして登場したのは、ごく当然のことであったのだろう。

 逆に、純粋なる内燃機関の巨大SUVは、この先、生存が厳しくなる一方だ。ハイブリッドから、プラグインハイブリッド、そしてEVという進化が必須となる。ならば、一足飛びに、最初からEVとして開発してしまおうというGMの考えも理解できるのはないか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング