1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

アメリカで唯一のピックアップトラック型パトカー! フォードが新型「F-150 ポリス レスポンダー」を発表

くるまのニュース / 2021年3月22日 17時40分

フォードは2021年3月16日、アメリカで唯一の追従型ピックアップトラック「F-150 ポリス レスポンダー」の2021年モデルを発表。翌日より、政府からの注文受付を開始した。

■ユニークな全地形に対応可能なパトロールカー

 フォードは、アメリカで唯一の追従型ピックアップトラック「F-150 ポリス レスポンダー」の2021年モデルを発表。春におこなわれる州および地方自治体の入札に先立って、2021年3月17日より政府系金融機関にフォードの口座を新たに開設した。

 アメリカでもっとも売れている警察車両のラインナップのひとつであるF-150 ポリス レスポンダーは、新型では最高速度が120mph(約193km/h)に向上。トルクオンデマンド・トランスファーケースを備えた自動四輪駆動モードを搭載するなど、能力が向上されており、都市部の道路から田舎道まで、パトロール中の警察官の移動をサポートする。

 さまざまな地形に対応するパトカーとして2017年に導入されたF-150 ポリス レスポンダーの2021年モデルは、新型F-150 SuperCrewプラットフォームをベースに、警察官がより多くの緊急対応装備を持って移動できるように改良。移動式の司令部 を輸送可能など、警察機関の幅広いニーズに対応できるように設計されている。

 そしてこれまでも、他のパトロール用警察車両よりも高い牽引能力や、積載能力、そして室内の乗客量の大きさなどを提供し続けてきたこのトラックは2021年、さらに多くの機能が追加されている。

 フォードのパトカーブランドマネージャーであるグレッグ・エベル氏は、次のように述べている。

「警察当局は、F-150ポリスレスポンダーの牽引力、運搬力、オフロード性能を自分たちの車両に加えたいと思っていますが、スピードとハンドリングにはさらなる信頼性が必要だと話していました。

 郊外の警察や、国境警備隊、地方の保安官など、警察官は仕事でどこに行くかわかりませんが、新型F-150 ポリス レスポンダーは、これまで以上に速く、俊敏にそこに行けるように設計されたピックアップトラックのオプションを提供します」

 新型F-150 ポリス レスポンダーに搭載された標準の3.5リッターエコブーストエンジンは、最高出力400ps、最大トルク500lb.ft.(約677Nm)を発揮し、警察車両のなかでもトップクラスの性能を誇ることになる。

 このエンジンと10速セレクトシフトオートマチックトランスミッションの組み合わせは、厳しいパトロールでの使用に対応するために独自に調整されており、ノーマルの「F-150」を大幅に上回る速度を実現した。

 さらに、高速走行に対応するために、専用に開発されたグッドイヤーのオールテレーンタイヤを装着。追跡用の警察車両に装着される唯一のオールテレーンタイヤである同タイヤは、舗装道路での急加速や高速走行、アグレッシブなコーナリングにも対応できるよう独自に設計されており、運転する警察官が期待するオフロード性能を犠牲にすることなく、追跡中に発生する熱にも耐えることが可能となっている。

 また、新開発のトルクオンデマンド型トランスファーケースには、4-Autoモードがあり、電動クラッチが必要に応じて自動的にトルクを調整。シームレスな地形変化を可能にする、優れた「セットイット&ゴーイングイット」機能が備えられている。

 それにより、ドライ路面では2輪駆動で走行し、最大のパフォーマンスとコーナリングを向上させ、一般的に四輪駆動車の速度を低下させる「クローホッピング」を回避することができる。

 それらに加えて、滑りやすい路面や柔らかい路面では、4-Autoシステムが4輪同時にパワーを供給するため、警察官は作業に集中することが可能。

 フォードの警察車両統合マネージャーであるアレン・マゴラン氏は「4-Autoモードは、2-Highと4-Highの間のギャップを埋めるものであり、その結果、パフォーマンスが向上します。ドライ路面ではコーナリング時の速度を上げることができます。これは、ピックアップトラックではめったにない利点です」と、述べている。

 このトルクオンデマンドシステムは、標準装備のF-150 FX4オフロードパッケージと組み合わせることで、優れたオフロード性能を提供。FX4パッケージには、アンダーボディスキッドプレートやオフロード用にチューニングされたショック、電子ロック式リアアクスルや、坂道走行時の速度維持をサポートするヒルディセントコントロールなどが含まれることになる。

■他のすべてのパトロール用車両を凌駕する牽引力

 さらに、新型F-150 ポリス レスポンダーは、ボートやホーストレーラー、モバイルコマンドセンターなどを牽引する必要がある部署のために、標準で7000ポンド(約3175kg)、オプションで1万1200ポンド(約5080kg)の牽引能力を実現するなど、他の追従型車両を凌駕しています。そのペイロード容量は、2030ポンド(約920kg)となる。

フォード 新型「F-150 ポリス レスポンダー」フォード 新型「F-150 ポリス レスポンダー」

 利用可能なトレーラー牽引パッケージは、プロトレーラー・バックアップ・アシストの利便性を追加する「トレーラー・トウ・パッケージ」、360度カメラ、トレーラー・リバース・ガイダンス、統合型トレーラー・ブレーキ・コントローラーを追加する「トレーラー・テクノロジー・パッケージ」の2種類。クラスIVヒッチ搭載車には「スマートトレーラ牽引コネクタ」が標準装備され、「ブラインドスポットインフォメーションシステム」には「トレーラカバレッジ」が追加されることになる。

 また、新開発のポリス エンジン アイドルは、エンジンをかけたままキーを抜いてトラックから安全に降りることが可能。警察官は、車両盗難の心配をすることなく、ライトやサイレンを作動させることができる。

 従来のフリートキーは1台につき4個まで、キーレスエントリー付きは1台につき4個までと、トラックを操作するためのキーの種類を選ぶことも可能となっている。

 他にも、F-150ポリスレスポンダーには、フォード他の商用車と同様に、稼働率の向上やランニングコストの最適化、予定外のメンテナンスの予測計画や、ドライバーの行動の改善などを可能にするインテリジェントな車両管理ツール「フォード・テレマティクス」が標準装備となった。

 さらに後退時に障害物に接近すると音で警告するリバース・センシング・システムが搭載されただけでなく、歩行者検知機能付きプリコリジョンアシスト(前方衝突警告、自動緊急ブレーキを含む)には、法執行機関専用のワンタッチ一時停止スイッチを追加。ブラインドスポットインフォメーションシステム(クロストラフィックアラート付)も装備されるなど、運転支援機能が新たに搭載されている。

 インテリアには、警察官の意見を取り入れ、警察官仕様のヘビーデューティークロスフロントシートを含むダークカラーに一新。フロントシートバックには、警察官の安全性に配慮したスチール製の侵入防止プレートが内蔵され、赤と白のタスクライトが装備されている。

 また、赤と青、アンバー、アンバーと白の3色のLED警音器がプリインストールされている。

 新型F-150 ポリス レスポンダーは、ミズーリ州クレイコモにあるカンザスシティ組立工場で組み立てられ、2021年秋以降に導入される予定となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング