1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

1000万円超は絶滅しちゃう? 高額かつ高性能なMT車3選

くるまのニュース / 2021年4月1日 16時10分

現在、日本の自動車市場でMT車の販売割合は2%未満といわれています。そもそもMT車ラインナップが少なくなったので仕方のないことなのですが、とくに減少著しいのが高額なMT車で、もはや絶滅寸前の状況です。そこで、希少な1000万円以上のMT車を、3車種ピックアップして紹介します。

■激減してしまった高額なMT車を振り返る

 1970年代からイージードライブが可能なAT車の普及が始まり、代わりにMT車が減少。現在、日本の自動車市場で販売される新車のなかで、MT車比率は2%ほどの低空飛行が続いている状況です。

 かつて高性能車といえばMTなのが当たり前でしたが、2000年代にはDCTの登場やステップATの進化によってMTを凌駕する性能を獲得したことから、2ペダルが主流となりました。

 とくに高額なクルマほど2ペダル化の傾向が顕著で、世界的にも絶滅が危惧されているほどです。

 そこで、日本市場で販売されている1000万円以上の高額MT車を、3車種ピックアップして紹介します。

●BMW「M4」

BMWでも数少ないハイパフォーマンスなMTモデルの「M4クーペ」BMWでも数少ないハイパフォーマンスなMTモデルの「M4クーペ」

 BMWの主力車種として日本でも1980年代から人気のモデルといえば「3シリーズ」です。これまでセダンとクーペ、ステーションワゴン、カブリオレなど多彩なボディラインナップを展開してきましたが、2013年に登場した世代からクーペを独立させて「4シリーズ」として発売しました。

 現行モデルの4シリーズは2020年6月に欧州で発表された2代目で、日本には同年10月から販売が開始されています。

 この新型4シリーズで大いに話題となったのが、フロントバンパーの下端近くまで縦長に大型化されたキドニーグリルの採用で、その見た目から物議を醸したほどです。

 そして、2021年1月に4シリーズの最高峰に位置する「M4」が日本でも発売されました。

 新型M4のラインナップは、「M4クーペ/M4クーペ コンペティション/M4クーペ コンペティション トラックパッケージ」の3つで、M4クーペにのみ6速MT車が設定されています。

 搭載されるエンジンは最高出力480馬力を誇る3リッター直列6気筒ツインターボで、このパワーを後輪のみで路面に伝えるFRです。なお、M4クーペ コンペティションにはオプションで4WDの「M xDrive」が設定されています。

 ボディサイズは全長4805mm×全幅1885mm×全高1395mmとスタンダードな4シリーズよりもワイドなボディで、賛否両論あったキドニーグリルは迫力あるフロントフェイスを演出。一方で全体のフォルムは、BMWの伝統ともいえる美しいシルエットのクーペスタイルに仕立てられています。

 M4クーペの価格(消費税込、以下同様)は1298万円で、ハンドル位置は左/右が選べます。

●ポルシェ「718ケイマン GT4」

大排気量大出力の自然吸気エンジンを搭載した「718ケイマン GT4」大排気量大出力の自然吸気エンジンを搭載した「718ケイマン GT4」

 ポルシェは1996年に、「911」よりも安価なエントリーモデルとして「ボクスター」を発売。オープン2シーターのボディで、リアミッドシップに水平対向6気筒を搭載するピュアスポーツカーとして開発されました。

 さらに2005年には、2代目ボクスターとシャシやエンジン、足回りを共有するクローズドボディの「ケイマン」が登場し、より走りを重視したコンセプトとなっています。

 そして、現行型は「718ケイマン」に名前が改められ2016年に登場。標準仕様には2リッター水平対向4気筒ターボエンジンが搭載されます。

 その後グレードの拡充がおこなわれ、2019年にはサーキット走行を視野に入れて開発された高性能モデルの「718ケイマン GT4」が登場。

 718ケイマン GT4に搭載されるエンジンは4リッター水平対向6気筒自然吸気で、最高出力420馬力を7600rpmで絞り出します。

 組み合わされるトランスミッションは6速MTのみで、シャシ、サスペンション、ブレーキも大出力に見合うアップグレードが施され、優れた運動性能を発揮。

 外観も迫力あるデザインのフロントフェイスに変貌し、リアにはダックテール状のスポイラーに加え、大型のウイングが装備されるなど、特別なモデルであることを主張しています。

 718ケイマン GT4の価格は1293万円で、同じエンジンを搭載するオープンモデルの「718スパイダー」(1271万円)もラインナップされています。

■少量生産のスポーツカーでもATが主流?

●モーガン「プラス フォー」

クラシカルな外観を受け継ぎながら中身は最新の「プラス フォー」クラシカルな外観を受け継ぎながら中身は最新の「プラス フォー」

 イギリスには古くからバックヤードビルダー(裏庭でクルマを製造)と呼ばれる小規模なメーカーが数多く存在しましたが、その最高峰として知られるのが「モーガン」です。

 創立から100年以上の歴史があるスポーツカーメーカーのモーガンは、いまもほとんどの工程を手作りで製造しており、伝統的にシャシの一部が木で作られるなど少量生産主義を貫いています。

 また、外観デザインも第二次大戦以前に誕生したスポーツカーのイメージを変えていませんが、エンジンなどのメカニズムは近代化しており、最新の技術を導入して環境対応をおこなっています。

 現在、日本で販売(オーダー受付中)されているモデルは、直列6気筒エンジンを搭載した「プラス シックス」(Plus Six)と、直列4気筒エンジンを搭載した「プラス フォー」(Plus Four)のみで、後者にだけ6速MTを設定。

 プラス フォーのパワートレインはBMW製で、エンジンは最高出力258馬力を誇る2リッター直列4気筒ターボを搭載し、トランスミッションは6速MTと8速ATから選べます。ちなみにプラス シックスは8速ATのみです。

 ボディサイズは全長3830mm×全幅1650mm×全高1250mmと非常にコンパクトなオープン2シーターで、アルミ素材を接着剤で接合したバスタブ型シャシのキャビンまわりには木材が使われています。

 プラス フォーの価格は1155万円(6速MT車)からで、多彩なオプションが設定されており、現在、オーダーから納車までは10か月から1年ほどかかります。

※ ※ ※

 国産メーカーの現行モデルで高額なMT車というと、すでに完売していますがホンダ「シビック タイプR Limited Edition」が550万円、トヨタ「GRヤリス RZ“High performance”」が456万円、日産「フェアレディZ NISMO」が640万9700円となっており、今回紹介したモデルと比べるとリーズナブルといえます。

 パフォーマンスをフルに発揮するにはDCTや多段ATに分があるのは確かですから、今後も高額かつ高性能なモデルにおいてはMTの減少に歯止めはかからないでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング