1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

トヨタ新型EV SUVや「クラウンSUV」発表間近! 新顔デザイン先行公開&上海で正式発表!

くるまのニュース / 2021年4月13日 12時5分

トヨタは、中国市場における販売ブランドの一汽トヨタ、広汽トヨタから新たなSUVを上海モーターショー2021で発表することを明らかにしました。

■トヨタのSUV攻勢は止まらない?

 2021年4月12日、トヨタは中国・上海で同月19日から開催される「上海モーターショー2021」の出展概要を明らかにするとともに、SUVタイプの新型電気自動車(以下、新型SUV・EV)のフロントデザインを一部公開しました。

 今回の上海モーターショーでは、一汽トヨタと広汽トヨタの各ブランドのモデルがお披露目されます。

 中国市場は、世界中の自動車市場において電動化が進んでいるといわれており、トヨタを始め出展する各自動車メーカーの目玉は電気自動車などが中心になるといわれています。

 そのなかでトヨタは、「あらゆる電動化技術の進化と普及を推進することで、カーボンニュートラルの実現と中国社会の持続的発展に貢献していきたい」という方針を明かしています。

 すでに中国市場では、広汽トヨタ「C-HR EV」、一汽トヨタ「IZA EIZO E」、レクサス「UX300e」の電気自動車が導入されています。

 これらの電気自動車に加えて消費者に多様な選択肢を提供するために、今回の上海モーターショーでは、新しい電気自動車を初めて発表します。

 その第一弾のモデルは、e-TNGAアーキテクチャーをベースにしたミッドサイズSUVです。

 このe-TNGAは、あらゆるボディタイプに適応できるほか、基本的な構造はそのままに全長×全幅×全高やホイールベースなど自在に変化可能な仕様だといいます。

 e-TNGAの駆動方式は、前輪/後輪/四輪駆動を自由に設定できるうえ、バッテリーやモーターをさまざまなモデルの特徴に合わせて搭載することも可能です。

 また、電気自動車以外に中国の消費者のニーズに応えるため、トヨタは常に「より良い車を作る」ことを目指してきたといいます。

 中国の消費者に人気の高いSUVセグメントでは、今回ふたつのSUVモデルを投入します。

 そのひとつは、中国の消費者に親しまれている「クラウン」ブランドで、前世紀半ばに誕生して以来、どの時代においても消費者の「愛車」となることを常に目指してきました。

 今回のクラウンブランドでは、新しいSUVモデルとして「クラウンクルーガー」を上海モーターショーで発表します。

 もうひとつは、高級7人乗りSUVとして2000年の誕生から中国の多くの消費者に愛されてきたハイランダーです。

 上海モーターショーでは、4代目となる新型ハイランダーがお披露目されるといいます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング